物事を予測し、予防することを身に付けるとき

☆とり年…雨風吹き来って衣が濡れる象だが大難ならず。用意して行け

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月10日から引用

例えば、雨が一日中降ると分かっている日には、傘を持って出掛けることができます。

人は、今までの自分の経験や歴史から、物事の展開を予想し予防することができる。

しかし、その予想について、自分で感じることを止めてはいませんか。

他者の意見や、世間の予想に耳を傾けて、自分が感じることを疎かにする、自分で考えないようにしていることはないでしょうか。

感性というものは、研ぎ澄まし磨いていくものです。

自分が感じていることを大切に生きていかなくては、物事に対して鈍感になっていくことでしょう。

自分の勘を信じることの重要さに気付くとき。

他の解説を読む

  • 表面を繕うだけでは変わらない現状について表面を繕うだけでは変わらない現状について ☆うし年…表面は穏やかにして内面が乱れ易し。諸事不順がちなり 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月13日から引用 人は生きていく上で、さまざまな人との出会いがあります。 自分に合う人、合わない […]
  • 物事を考えるとは物事を考えるとは ☆い年…あまり頭を使いすぎず、腹で考えるべし。丹田を鍛えよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月11日から引用 人は、物事を頭で考えると、つい損得を考えてしまいがちです。 自分にとっての利害を […]
  • 生きることの尊厳に気付く生きることの尊厳に気付く ☆ね年…如何なる荒波でも、決して覆らぬ船の上。心を落ち着けよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月12日から引用 動じぬ心、腹の据わった状態というのは、外界の如何なるにも及ばされることはありません。 […]
  • 精進なくして智恵はない精進なくして智恵はない ☆いぬ年…智恵は精進より来る。努力勉励して妙案出る 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月10日から引用 常に妙案ある人は、常に精進の人である。 精進なくして智恵はなく、智恵なくして妙案は出ない […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村