物事を予測し、予防することを身に付けるとき

☆とり年…雨風吹き来って衣が濡れる象だが大難ならず。用意して行け

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月10日から引用

例えば、雨が一日中降ると分かっている日には、傘を持って出掛けることができます。

人は、今までの自分の経験や歴史から、物事の展開を予想し予防することができる。

しかし、その予想について、自分で感じることを止めてはいませんか。

他者の意見や、世間の予想に耳を傾けて、自分が感じることを疎かにする、自分で考えないようにしていることはないでしょうか。

感性というものは、研ぎ澄まし磨いていくものです。

自分が感じていることを大切に生きていかなくては、物事に対して鈍感になっていくことでしょう。

自分の勘を信じることの重要さに気付くとき。

他の解説を読む

  • 困難に立ち向かうための妙法とは困難に立ち向かうための妙法とは ☆さる年…峠の一本松は枝を曲げて風に随う。困難に処する妙法 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月21日から引用 人生において、困難の壁に当たったとき、どう対象すべきなのか。 切り抜けるべき方法 […]
  • いつまでも満たされない心とはいつまでも満たされない心とは ☆うま年…素朴を好み、利口ぶるのを止めよ。心は平安なる 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月19日から引用 人が抱いてしまう想いの中に、「人よりも」というものがあります。 人よりも良い暮らしが […]
  • 苦しい人生、変わらない人生の中で苦しい人生、変わらない人生の中で ☆ひつじ年…苦楽は心の持ち方次第。心を明るく持ちて生涯安楽なり 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月20日から引用 人生はとても苦しい、それは誰もが感じていることかと思います。 もしも全く感じ […]
  • コンプレックスは、執着であるコンプレックスは、執着である ☆み年…自己の個性に固執することなかれ。されば万事よく発展する 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月18日から引用 人にはそれぞれ個性があります。同じ人など一人もおらず、皆それぞれの特徴があります。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村