物事を予測し、予防することを身に付けるとき

☆とり年…雨風吹き来って衣が濡れる象だが大難ならず。用意して行け

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月10日から引用

例えば、雨が一日中降ると分かっている日には、傘を持って出掛けることができます。

人は、今までの自分の経験や歴史から、物事の展開を予想し予防することができる。

しかし、その予想について、自分で感じることを止めてはいませんか。

他者の意見や、世間の予想に耳を傾けて、自分が感じることを疎かにする、自分で考えないようにしていることはないでしょうか。

感性というものは、研ぎ澄まし磨いていくものです。

自分が感じていることを大切に生きていかなくては、物事に対して鈍感になっていくことでしょう。

自分の勘を信じることの重要さに気付くとき。

他の解説を読む

  • 目に見える世界しか信じられない方へ目に見える世界しか信じられない方へ ☆う年…現実のみを重大視するところに混乱がある。永遠の視点に立つべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月14日から引用 皆さま、この世には、目に見える世界と、目に見えない世界があります。 […]
  • 苦手な方との付き合い方について苦手な方との付き合い方について ☆うし年…嫌いな人を避けようとも避けられず。自らの心持ちを変えよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月12日から引用 この世の中には、様々な人が生きております。その中で、親しくなる方が在れば、波長 […]
  • 物事に盲目的にならぬように物事に盲目的にならぬように ☆とら年…柴火を焚いて着物を焦がす意あり。火の用心を怠るな 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月13日から引用 人はとかく、何かに集中している時というのは、他のものが見えなくなるもの。 懸命 […]
  • 過去も未来もない、今という時を知る過去も未来もない、今という時を知る ☆ね年…百年間も一瞬の連続なり。一瞬に目覚める者は永遠を悟った者 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月11日から引用 「時」というのは、今、この瞬間しかありません。 過去があり、未来があると […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村