変わっていくためには恥を知ること

☆ひつじ年…徳高き人の前に進みて、自らの不徳を恥じよ

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月8日から引用

生きておりますと、様々な転機に当たります。自分の生き方を変えようと思う日も来るかもしれません。

それは、自分を恥ずかしいと思えた時ではないでしょうか。

どうにか正しく生きていきたいと思った時、日々の行動に気をつけようと思う事もあるでしょう。

しかし、人間というのは、すぐに忘れてしまうもの。その志しは、いつまで続くのか、分かったものではありません。

さて、それではどうやって変わっていくのか。

まず大切なのは、志すということ。恥を知り、変わりたいと思う志しなくしては、変わりようもないでしょう。

では、志してから、自分の行動をどう変えて行くのか、それは、体感を以て変わっていくしかありません。

自分で、自分の行動を省みることが必要であり、そのきっかけは、必ず起こります。

自分の変わるべきところは、自分独りでいては、なかなか気付くことは出来ず、志しを掲げ感度を高めていかなければ、やはり気付くことは出来ません。

変わりたいという気持ち、そしてそのことに対する感度を上げる、それぞれが高まれば、今までとは違う物事が見えてくるでしょう。

そうして人と接することで、自分の不徳を知ることになります。

恥を知り、自分を知り、省みて、更に志しを高めていく、この繰り返しによって、変わっていけるのです。

自分を恥じる気持ちを忘れぬように。

他の解説を読む

  • 今までの世の中と、これからの世の中について今までの世の中と、これからの世の中について ☆う年…人生の疲労は貪欲より起こる。少欲安穏を知るべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月15日から引用 今現在の世の中は物質資本主義です。 物が世界の中心であり、物の進化が文明の進化であり […]
  • 表面を繕うだけでは変わらない現状について表面を繕うだけでは変わらない現状について ☆うし年…表面は穏やかにして内面が乱れ易し。諸事不順がちなり 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月13日から引用 人は生きていく上で、さまざまな人との出会いがあります。 自分に合う人、合わない […]
  • 今の自分に満足することなかれ今の自分に満足することなかれ ☆とら年…小才を誇ればいつまでも大人物とはならず。何事も謙虚にて吉 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月14日から引用 どんな人にも、自分を活かせる得意分野というのがあります。 それは仕事に関 […]
  • 生きることの尊厳に気付く生きることの尊厳に気付く ☆ね年…如何なる荒波でも、決して覆らぬ船の上。心を落ち着けよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月12日から引用 動じぬ心、腹の据わった状態というのは、外界の如何なるにも及ばされることはありません。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村