変わっていくためには恥を知ること

☆ひつじ年…徳高き人の前に進みて、自らの不徳を恥じよ

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月8日から引用

生きておりますと、様々な転機に当たります。自分の生き方を変えようと思う日も来るかもしれません。

それは、自分を恥ずかしいと思えた時ではないでしょうか。

どうにか正しく生きていきたいと思った時、日々の行動に気をつけようと思う事もあるでしょう。

しかし、人間というのは、すぐに忘れてしまうもの。その志しは、いつまで続くのか、分かったものではありません。

さて、それではどうやって変わっていくのか。

まず大切なのは、志すということ。恥を知り、変わりたいと思う志しなくしては、変わりようもないでしょう。

では、志してから、自分の行動をどう変えて行くのか、それは、体感を以て変わっていくしかありません。

自分で、自分の行動を省みることが必要であり、そのきっかけは、必ず起こります。

自分の変わるべきところは、自分独りでいては、なかなか気付くことは出来ず、志しを掲げ感度を高めていかなければ、やはり気付くことは出来ません。

変わりたいという気持ち、そしてそのことに対する感度を上げる、それぞれが高まれば、今までとは違う物事が見えてくるでしょう。

そうして人と接することで、自分の不徳を知ることになります。

恥を知り、自分を知り、省みて、更に志しを高めていく、この繰り返しによって、変わっていけるのです。

自分を恥じる気持ちを忘れぬように。

他の解説を読む

  • 思考を解き放つということ思考を解き放つということ ☆いぬ年…宗教で教える時間は、時計の時間ではない。精神の奥底に流れる永遠の時である 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月20日から引用 私達には、確かに魂があります。 肉体はいずれ死を迎えま […]
  • 気付きがもたらすもの気付きがもたらすもの ☆さる年…この世の幸福は影の如し。この世の名声は夢の如し 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月18日から引用 あなたが幸福を感じる時とは、どんな時でしょう。 美味しい物を食べた時、好きな人と […]
  • 老いという変化について老いという変化について ☆とり年…活動力が衰えると用心深くなる。老いたる証拠。若者と交われ 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月19日から引用 人は誰しも老いていきます。 老いることについて、どうにか若いままでいた […]
  • 自分自身を見失わないこと自分自身を見失わないこと ☆ひつじ年…事業や功名にあぐらをかけば衰退が始まるのみ 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月17日から引用 人が、自分らしく生きていくのに必要な要素は何でしょうか。 夢や希望がある、というの […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村