便利な社会の中で忘れてはならぬ心とは

☆たつ年…草が人間に踏まれ泣く象。自然を大切にせよ。自然に親しみて心気爽快

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月5日から引用

みなさま、食事をいただくとき、手を合わせていただきますと、感謝できておりますか。

私たちは、食べ物が豊富にある社会の中で生きているため、その食べ物がどれだけ有り難いものか、忘れてしまいがちです。

生きていく限り、感謝の心を忘れてはなりません。自分は、生かされているのだという意識を無くしてしまったら、傲慢で自分勝手な人間に成り下がるでしょう。

感謝の心を持ち世界を見渡すと、道端の野花にも意識が働くようになるでしょう。

食べ物を有り難いと思い、草花を美しいと思う。それが人間本来の心の在り様です。

しかし、人が作った物に囲まれた生活をしていると、自然の豊な恵みを感じ取れなくなる。それは、人としてとても惨めで悲しいことです。

自然と触れ合い、自然を感じる時間を設けましょう。無くしかけている本来性を取り戻すのです。人として、豊かでありますように。

 

他の解説を読む

  • 生きる視点を変える日生きる視点を変える日 ☆とり年…身を低くして空の高さを知る。謙なる心は天地正大に目覚める 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月31日から引用 私たちは日頃、自分の思い込みの中を生きております。 何事も分かった気に […]
  • 明けない夜はない明けない夜はない ☆ひつじ年…東の空に日が昇りて暖かき意。順風なる吉日 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月29日から引用 どんなに苦しくても、どんなに悲しくても、朝になれば、東の空から日は昇ります。 どんな […]
  • 余白に降り立つ吉運かな余白に降り立つ吉運かな ☆さる年…物事整理して心機一転。何事も吉に向かうかな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月30日から引用 みなさま、年末の大掃除はされましたか。 これから掃除をする、という方も多くいらっしゃ […]
  • この世で学ぶべきものこの世で学ぶべきもの ☆うま年…動かぬ雲、止まる水の如く心を固くする事なかれ。常に動くものなり 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月28日から引用 蒼空を見上げれば、白き雲が悠々と泳ぎ、大地を見下ろせば、水がさらさらと […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村