便利な社会の中で忘れてはならぬ心とは

☆たつ年…草が人間に踏まれ泣く象。自然を大切にせよ。自然に親しみて心気爽快

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月5日から引用

みなさま、食事をいただくとき、手を合わせていただきますと、感謝できておりますか。

私たちは、食べ物が豊富にある社会の中で生きているため、その食べ物がどれだけ有り難いものか、忘れてしまいがちです。

生きていく限り、感謝の心を忘れてはなりません。自分は、生かされているのだという意識を無くしてしまったら、傲慢で自分勝手な人間に成り下がるでしょう。

感謝の心を持ち世界を見渡すと、道端の野花にも意識が働くようになるでしょう。

食べ物を有り難いと思い、草花を美しいと思う。それが人間本来の心の在り様です。

しかし、人が作った物に囲まれた生活をしていると、自然の豊な恵みを感じ取れなくなる。それは、人としてとても惨めで悲しいことです。

自然と触れ合い、自然を感じる時間を設けましょう。無くしかけている本来性を取り戻すのです。人として、豊かでありますように。

 

他の解説を読む

  • 物事との向き合い方を改める物事との向き合い方を改める ☆いぬ年…黙して騒がず、小手先で物事を為す事をやめて万事順運 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月09日から引用 物事が起こったとき、動く気がない人ほど、そのことについて騒ぎ立て、感情を露わにしま […]
  • 物事の中程という本質を知る物事の中程という本質を知る ☆さる年…火鉢が熱すぎて手を出せぬ。過ぎたるは及ばざるが如し 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月07日から引用 物事には、何事も程々のラインがあります。相応しい状態があり、足りなくても、過ぎても […]
  • ようやく実る、その時が来ましたようやく実る、その時が来ました ☆とり年…大輪の花が半ば開ける象。もうあと一歩のところ、焦ることなかれ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月08日から引用 今までの努力が実る時が来ました。 これまで、どれだけ大変だったこと […]
  • 物の価値とは何か物の価値とは何か ☆ひつじ年…羊頭を掲げて他の肉を売る。ごまかしに遇いやすしと注意せよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月06日から引用 この世の物には、もともと価値はありません。 そこに価値を付けるのは、 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村