熱を持つことの本質を探る

☆う年…熱愛はほどなく冷める事を知って距離をおくべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月4日から引用

熱愛というもの、これは人と人との関係に限った話ではありません。

何か、夢中になれる物事を見つけた時、人はその物事に対して、熱を持ち取り組むことでしょう。

しかし、そうして取り組んだ物事に関しては、以外と冷めやすいことがあります。

熱を持つということは、気持ちが入りすぎることによって、物事の全体像が見えづらくなり、また融通が利かなくなることが多々あるのです。

一生懸命に取り組んでいるというと聞こえはいいですが、これは執着の問題です。

熱を持つということは、それだけその物事に対して執着するということ。

執着は強ければ強いほど、自分を締め付け、身動きを取れなくさせる枷となり、また自分の思い通りにならなかったとき、急に手放したくなるものなのです。

人の心とは、執着と怒りと放心の繰り返し。

そんな心をどう保てばいいのか、それは“ほどほど”という言葉に尽きます。

執着は、無くすことなど出来ません。執着をすることは当たり前のことですし、物事に執着をするからこそ、人は生きていける面がある。

しかし、その執着は、強すぎると振り回されるだけとなります。強すぎてはいけない。

ほどほど、の境地を知りましょう。

物事に取り組む時は真剣であり、しかし想いはほどほどというのが、最もその物事との関係性を維持し、人を前進させる心持ちなのです。

他の解説を読む

  • 生きる視点を変える日生きる視点を変える日 ☆とり年…身を低くして空の高さを知る。謙なる心は天地正大に目覚める 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月31日から引用 私たちは日頃、自分の思い込みの中を生きております。 何事も分かった気に […]
  • 明けない夜はない明けない夜はない ☆ひつじ年…東の空に日が昇りて暖かき意。順風なる吉日 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月29日から引用 どんなに苦しくても、どんなに悲しくても、朝になれば、東の空から日は昇ります。 どんな […]
  • 余白に降り立つ吉運かな余白に降り立つ吉運かな ☆さる年…物事整理して心機一転。何事も吉に向かうかな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月30日から引用 みなさま、年末の大掃除はされましたか。 これから掃除をする、という方も多くいらっしゃ […]
  • この世で学ぶべきものこの世で学ぶべきもの ☆うま年…動かぬ雲、止まる水の如く心を固くする事なかれ。常に動くものなり 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月28日から引用 蒼空を見上げれば、白き雲が悠々と泳ぎ、大地を見下ろせば、水がさらさらと […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村