日頃の心得を知る

☆とら年…黒雲が空を覆う意。用意周到にして事を為せ

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月3日から引用

どんなに正しい道を歩んでいたとしても、生きている限り、様々なことが起こります。

謂われのない批判も受けるかもしれません。

正々堂々と生きれば良しですが、余りに突然なことは、時として心を縛る枷となるやもしれません。

どんな物事にも対応できるように、日頃から心を整えておくことが必要となるでしょう。

起こるか起こらぬか分かりもしないことを心配する必要はありませんが、何事があっても、動じない肚を持ちましょう。

日頃の鍛錬の賜物によって、どのような悪雲も払いきる、霧の中においても真っ直ぐに進むことのできる自分となるのです。

自己研鑽を怠るなかれ。

他の解説を読む

  • 先見の明を持つ先見の明を持つ ☆とり年…政治でも経済でも人生でも、未来を予想しなければ何事も出来ず 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月2日から引用 この世の中を渡っていくにあたり、重要なポイントがいくつかございますが、本日はそ […]
  • 人間と他の動物との違いについて人間と他の動物との違いについて ☆ひつじ年…人間は他の生物よりも優れた才知あるから苦しむ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月31日から引用 人間と他の動物と比べて特に優れている点とは何でしょうか。 それは、良くも悪くも頭が […]
  • 欲望という自由意志の選択について欲望という自由意志の選択について ☆さる年…欲望に呑まれれば自分をも蝕むと知れ 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月1日から引用 この世の中を生きていくというのは、完全なる自由意志のもと選択をしているということ。 与えられた状 […]
  • 学びは続けるが難し学びは続けるが難し ☆うま年…学ぶほど知らない事が出てくるもの。さらに向上あり 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月30日から引用 人生において、学ぶということは際限がありません。 しかし、自分自身が満足してしま […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村