2018解説

本業で生きていくとは、どういうことか

☆ね年…余計な事に身をいれて本業を忘れる者は家族を苦しめる

東京新聞TOKYO Web
平成30年6月1日から引用

みなさま、自身の本業は何ですか。

おそらく今、自分が働いている職業を想像したかと思います。

それは、みなさまが本当に成し遂げたいと思う仕事、本来の性質としての仕事ではないかもしれません。

仕事というのは難しいもので、生きていく限り、稼ぎがなければ食べてはいけません。職業が、生きるための選択になります。

働きたくない、やりたくない仕事だけれど、お金のために仕方なく働くという人は、大勢いらっしゃることでしょう。

そうして働く中で、自分自身が何を望んでいるのかすら、見失ってしまうかもしれません。

では、そうして本来自分が成し遂げたい事を見失い、今従事している仕事をすることは間違っているのか、自分の道を探し歩き求めるのがいいのか、どうでしょう。

人は、自分自身と向き合い、自分が何を望んでいるのか、内観しなければなりません。そうすることでしか、掴むことのできない未来があるでしょう。

しかし、ではその未来のために、今の仕事を疎かにしていいのかといえば、それは違います。

今、その仕事をしているのは、その場で学ぶべき、卒業すべき課題があるから。

それは、懸命に働き、その場に似つかわしくない状態になるまでは続くかもしれません。

または、必要な時節があるのかもしれません。

人との関わり方を学んでいるのかもしれません。

大切なことは、どんな場においても、自分の本質を忘れてはならないということ。何をしているかが重要ではなく、いかに信念を持ち続けるか、ブレないで生きているかがポイントです。

何か条件がなければ変われないようでは、何も成すことはできないのです。

自分の人生に本当に必要なことならば、自分を見失わずにおれば、必ず巡ってまいります。

本業とは、何を生業にしているか、ということではなく、本質で生きて表現することのこと。

自分自身と向き合い、自分の本質に立ち戻ること、そして、どんな場においても、自分の本質で生きるということ。

自分の本質ではなく、他人や世間に合わせて生きることが、本業を見失うということであり、余計な事に身を入れるということ。

今、自分がすべきことを見失わぬように。