自分に厳しいのと、努力していることは、必ずしもイコールではない

☆とり年…叱れば怖気づき、甘えさせればつけあがるのが自分の心

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月30日から引用

もう少しだけ、、後でやるから、、そうした甘えが生じやすいのが、自分の心。

人に指図する時には厳格さを求めるのに、自分自身はなかなか実行できていない方も、多くいらっしゃることと思います。

人はなかなか、自分に厳しく生きられないもの。

努力をしているからといって、自分に厳しくできているとは限りません。努力を重ねても物事が上手く好転しないのは、自分自身が変われていないからです。

よく取り違えられるのは、自分に厳しいことを、自分を犠牲にすることと捉えてしまうこと。

自分に厳しいとは、自分を犠牲にすることではなく、自分を向上させること。自身が叶えたい夢や希望を体現できる自分になるということです。

甘えの中には、それ相当の未来しかあり得ません。

自分を正し、律して生きることで、今まで掴むことのできなかった未来を掴むことができるのです。

自分を甘やかすことなく、日々の生活で出来ることを積み重ねてまいりましょう。そのうちに、努力をするということの本質が、見えてくるでしょう。

他の解説を読む

  • 先見の明を持つ先見の明を持つ ☆とり年…政治でも経済でも人生でも、未来を予想しなければ何事も出来ず 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月2日から引用 この世の中を渡っていくにあたり、重要なポイントがいくつかございますが、本日はそ […]
  • 人間と他の動物との違いについて人間と他の動物との違いについて ☆ひつじ年…人間は他の生物よりも優れた才知あるから苦しむ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月31日から引用 人間と他の動物と比べて特に優れている点とは何でしょうか。 それは、良くも悪くも頭が […]
  • 欲望という自由意志の選択について欲望という自由意志の選択について ☆さる年…欲望に呑まれれば自分をも蝕むと知れ 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月1日から引用 この世の中を生きていくというのは、完全なる自由意志のもと選択をしているということ。 与えられた状 […]
  • 学びは続けるが難し学びは続けるが難し ☆うま年…学ぶほど知らない事が出てくるもの。さらに向上あり 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月30日から引用 人生において、学ぶということは際限がありません。 しかし、自分自身が満足してしま […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村