自分に厳しいのと、努力していることは、必ずしもイコールではない

☆とり年…叱れば怖気づき、甘えさせればつけあがるのが自分の心

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月30日から引用

もう少しだけ、、後でやるから、、そうした甘えが生じやすいのが、自分の心。

人に指図する時には厳格さを求めるのに、自分自身はなかなか実行できていない方も、多くいらっしゃることと思います。

人はなかなか、自分に厳しく生きられないもの。

努力をしているからといって、自分に厳しくできているとは限りません。努力を重ねても物事が上手く好転しないのは、自分自身が変われていないからです。

よく取り違えられるのは、自分に厳しいことを、自分を犠牲にすることと捉えてしまうこと。

自分に厳しいとは、自分を犠牲にすることではなく、自分を向上させること。自身が叶えたい夢や希望を体現できる自分になるということです。

甘えの中には、それ相当の未来しかあり得ません。

自分を正し、律して生きることで、今まで掴むことのできなかった未来を掴むことができるのです。

自分を甘やかすことなく、日々の生活で出来ることを積み重ねてまいりましょう。そのうちに、努力をするということの本質が、見えてくるでしょう。

他の解説を読む

  • 自由であるが故の慎みについて自由であるが故の慎みについて ☆とら年…優れし人間は目に見えぬ天意に敬意をもちて慎む 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月6日から引用 人はみな、自身の自由意志によって行動を選択しております。 その時々にどのような行動を […]
  • 人生における馴れ合い人生における馴れ合い ☆ね年…働き者の妻には夫が怠ける。ほどほどにせよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月4日から引用 人というものは、すぐに状況に慣れていきます。 良くも悪くも、状況に慣れることで自分を守って […]
  • 物事には差がないということを知る物事には差がないということを知る ☆うし年…一事一物の尊さを知るのは心の練れた人である 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月5日から引用 起こる物事には多重性があります。 同じ物事であっても、捉える人によって、それぞれその様 […]
  • 失敗を好転させる術とは失敗を好転させる術とは ☆い年…失敗は次に好転するのによい機会なり。失敗して跳ね上がる 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月3日から引用 生きておりますと、日々さまざまな出来事が起こります。 物事を対処していく中で […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村