下座の心得について

☆さる年…白蓮が泥中に咲く意。苦の中に楽あり

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月29日から引用

他の人が誰も選ばないような所に在る。

それは、惨めなことや、追い詰められたということではなく、下座の心得の話。

大切なことは、自分を落としてその場に至るということでは、決してないということ。

蓮は、泥の中において、見事な花を咲かせます。これは、泥によって汚されていないということ。

私たちも、自分をその場に合わせて自分を落として在るのではなく、どんな場においても変わらない高尚な自分で在るべきです。

これは、高い志なくしては、実現できることではありません。

人は、簡単に自分を落とした選択をしてしまいます。しかし、そこで同化してしまっては、自分の成すべきことに至るなど、到底できないでしょう。

下座にあって、誰よりも清廉であるということ。

どんな場であっても、自分をしっかりと保つことができていれば、どんなに苦しい場においても、解決策が見つかることでしょう。

他の解説を読む

  • 困難に立ち向かうための妙法とは困難に立ち向かうための妙法とは ☆さる年…峠の一本松は枝を曲げて風に随う。困難に処する妙法 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月21日から引用 人生において、困難の壁に当たったとき、どう対象すべきなのか。 切り抜けるべき方法 […]
  • 智恵を以てすれば、思い遣りの心は届きます智恵を以てすれば、思い遣りの心は届きます ☆さる年…人を愛する仁心と人をよく知る智恵あれば人生に失敗なし 東京新聞TOKYO Web 平成30年2月9日から引用 人と関わり合う中で大切な心は、人を思いやるということ。これは、皆がしているようで、な […]
  • 解説(17日・さる)解説(17日・さる) ☆さる年…人の非は見えやすく、自己の非は難し。自らの非を知れば百難去る 東京新聞TOKYO Web 平成29年11月17日から引用 人はみな、失敗をすることがございます。失敗をしない完璧な人間など、あり得 […]
  • 解説(12日・さる)解説(12日・さる) ☆さる年…我執を捨てて人の意見を聞き、商売繁盛 東京新聞TOKYO Web 平成29年10月12日から引用 物事について、思いが強くなればなるだけ、こだわりは強くなることがございます。 こだわりは、 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村