2018解説

何が不調で、何が不順なのか 

☆うま年…深山にて妙鐘の音を聞く象。不順の内に吉運来る

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月27日から引用

物事は、思い通りにいくことの方が少ない。

何か、事を為そうと思っているとき、順調に物事が運ばずに、難儀することがあるでしょう。

しかし、それは寧ろ、当然の姿。

人は、苦労することでしか先に進むことはできません。苦労しないで進むことが出来るほど、人はあっさりとはしていないもの。

様々なしがらみに雁字搦めにあっているので、それを一つ一つ解きほぐしていかなくてはなりません。

困難に当たっても、決してあきらめることのないように。困難は、通常のことだと割り切り、自分が為すべきことを見つめてください。

一つ一つ積み重ね、一つ一つ解きほぐしていくことで、ある時ふいに吉運が巡ってくることもあるでしょう。

困難にめげることから卒業するとき。