人としての誠実さとは何か

☆とり年…誠実さはもっとも高尚である。誠実にして万事吉

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月18日から引用

人として誠実であるということ。

これは、一つは自分自身に対して誠実であれということ。

一つは、物事に対して誠実であれということ。

そして、一つは、他者に対して誠実であれということ。

自分自身に誠実であること、これは自分の心の声に耳を傾けるということです。

人はとかく、目の前の出来事や、わき起こる感情によって振り回され、自分の本心というものを見失ってしまいがち。

感情やとらわれから離れ、自分の内面を見つめて、本心と向き合いその声を聞くこと。そしてその本心に誠実であるということは、自分の本質で生きていくことを表します。

物事に対して誠実であるということ、これは、起こる出来事をきちんと受け止めていくということ。

人はとかく、物事を自分の一方的な価値観で理解できたと勘違いを致します。しかし、果たして自分の価値観は、物事を正しく見定める計りを持っているでしょうか。

物事と対峙した時に需要なことは、解ったつもりになることではなく、自分の一方的な価値観をほぐすこと。

自分の狭い価値観で判断せず、広くを受け入れる姿勢を持てば、物事の新たな一面にも気付くことが出来るようになるでしょう。

他者に対して誠実であるということ、これは、他者を否定しないということです。

とかく人は、排他的な考え・行動によって自分を守ろうとする傾向があります。

しかし、他者を排除して自分を肯定していては、一向に自分が変わるきっかけを得ることはできないでしょう。

人として変わっていくためには、進むことを意識することも需要ですが、まずは、今の自分の至らぬところと向き合うこと。

そのためには、他者の声に耳を傾けることが重要です。

他者は、正しいことも言えば、間違った事も言うでしょう。しかし、その言葉を言われているというのは、何かしらの意味があるのです。

それは、他者の深遠なる思考によるものではなく、もっと単純な化学反応のようなもの。

その意味を読み解き、自らの向上に活かすためには、誠実に人と向き合い、その話しと向き合い、自らの至らぬ思考を抑制することも必要になるでしょう。

三つの誠実さを以て、万事吉運となることでしょう。

他の解説を読む

  • 傲慢な人との距離感について傲慢な人との距離感について ☆う年…調子に乗り傲り高ぶっている者にはやや距離を隔てて付き合うが良い 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月24日から引用 人というものは、熱が入ると、周りが見えなくなってしまいがち。 とくに […]
  • 家族と夫婦の縁について家族と夫婦の縁について ☆うし年…夫婦は合縁で結ばれしもの。争い易いが互いに敬うべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月22日から引用 人と人の縁というものは、様々な因果のもとに定まっております。 家族や夫婦という […]
  • 人生は思い通りにいくものなのか人生は思い通りにいくものなのか ☆とら年…音楽を聴いて途中で切れる象。用意周到に事を行え。恋人と旅して邪魔の入り易き時 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月23日から引用 物事というのは、なかなか思い通りには運ばないもの。 […]
  • 太陽と共に生きる、人としての在り方について太陽と共に生きる、人としての在り方について ☆ね年…朝寝、夜更かしであって精神が高尚になろうか 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月21日から引用 物事には、道理というものがあります。 人の生き方もまた然り。 人が生きるというのは […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村