人としての誠実さとは何か

☆とり年…誠実さはもっとも高尚である。誠実にして万事吉

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月18日から引用

人として誠実であるということ。

これは、一つは自分自身に対して誠実であれということ。

一つは、物事に対して誠実であれということ。

そして、一つは、他者に対して誠実であれということ。

自分自身に誠実であること、これは自分の心の声に耳を傾けるということです。

人はとかく、目の前の出来事や、わき起こる感情によって振り回され、自分の本心というものを見失ってしまいがち。

感情やとらわれから離れ、自分の内面を見つめて、本心と向き合いその声を聞くこと。そしてその本心に誠実であるということは、自分の本質で生きていくことを表します。

物事に対して誠実であるということ、これは、起こる出来事をきちんと受け止めていくということ。

人はとかく、物事を自分の一方的な価値観で理解できたと勘違いを致します。しかし、果たして自分の価値観は、物事を正しく見定める計りを持っているでしょうか。

物事と対峙した時に需要なことは、解ったつもりになることではなく、自分の一方的な価値観をほぐすこと。

自分の狭い価値観で判断せず、広くを受け入れる姿勢を持てば、物事の新たな一面にも気付くことが出来るようになるでしょう。

他者に対して誠実であるということ、これは、他者を否定しないということです。

とかく人は、排他的な考え・行動によって自分を守ろうとする傾向があります。

しかし、他者を排除して自分を肯定していては、一向に自分が変わるきっかけを得ることはできないでしょう。

人として変わっていくためには、進むことを意識することも需要ですが、まずは、今の自分の至らぬところと向き合うこと。

そのためには、他者の声に耳を傾けることが重要です。

他者は、正しいことも言えば、間違った事も言うでしょう。しかし、その言葉を言われているというのは、何かしらの意味があるのです。

それは、他者の深遠なる思考によるものではなく、もっと単純な化学反応のようなもの。

その意味を読み解き、自らの向上に活かすためには、誠実に人と向き合い、その話しと向き合い、自らの至らぬ思考を抑制することも必要になるでしょう。

三つの誠実さを以て、万事吉運となることでしょう。

他の解説を読む

  • 自分の在り方を知る自分の在り方を知る ☆み年…どことなく響き来る梵音。汝の不運は吉運へと転ずる 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月22日から引用 自分が絶望の淵に沈んでいるとき、哀しみに暮れているとき、明日への希望が見えないとき、どう […]
  • 世界の真実を知り、実行するとき世界の真実を知り、実行するとき ☆う年…真実の法の言葉を聞く人は至福者である 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月20日から引用 人は、生きる上で、自分でも気付かない無意識の中で信じていることがあります。 その信じているもの […]
  • 奇跡を起こす行動とは奇跡を起こす行動とは ☆たつ年…利口ぶる人はその場では誉められるが明日に続かず 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月21日から引用 今の世の中は、とかく合理的であったり、利口であることを求められます。 それ自体は、 […]
  • 変わらないことへの不安について変わらないことへの不安について ☆とら年…生まれる環境は選べぬ。悩みても骨折り損となり易し 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月19日から引用 人は、生まれてから、その環境を選び直すことはできません。 どんなに自分にとって悩 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村