小さなことで満足するなかれ

☆さる年…生まれながら善い人も、学ぶ事をやめれば大業は為さず

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月17日から引用

人の生きる道というものは、自らが進んで行く道。

何もせずとも勝手にどんどんと進んでいくようなことはありません。

どんなに素養があっても、境遇に恵まれていても、それを活かす努力をしなければ、何も成すことはできないのです。

とかく人は、小さなことを成し遂げただけで満足してしまい、そこで胡座をかいてしまいがち。

本当に、たったそれだけの小さな成功が、あなたの人生の成功でしょうか。

人は、進もうと思えば、成そうと本気で思えば、思いも寄らないことも成就できる。

そこまで進むかどうかは、自分次第。

人生において、足を止めるということは、向上することを止めるということ。そしてそれは、自分の広がりある未来を狭めるという行為です。

どうか、一歩を踏み出し、その歩みを止めぬように。自分の思いも寄らない力は、自分で育み、発揮していくのです。

他の解説を読む

  • 価値観と心の芯について価値観と心の芯について ☆う年…弓は的を射るものと思うが、実は心を射るものである 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月25日から引用 人には、各々が持ち合わせている価値観があります。 その人らしさ、というのは、どの […]
  • 苦労を苦労と思わなくなったとき苦労を苦労と思わなくなったとき ☆うし年…苦労を受けて立つ事が多ければ多いほど人格は大となる 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月23日から引用 人には、霊格と人格があります。 霊格とは、魂の格のことです。 どのよう […]
  • 結果を求めずに結果を得る結果を求めずに結果を得る ☆とら年…弓を射るにはまず自分の心を正しくしてから当たることを望む。人生に同じ 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月24日から引用 正しき道には正しき心が必要である。 人は、物事の結果を重視 […]
  • 時間を大切にすること時間を大切にすること ☆ね年…時間は生命を造る元素である。時間を大切にして吉運来る 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月22日から引用 この世の中において、時の流れは絶対的な要素です。 過去から未来に流れる時間に […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村