小さなことで満足するなかれ

☆さる年…生まれながら善い人も、学ぶ事をやめれば大業は為さず

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月17日から引用

人の生きる道というものは、自らが進んで行く道。

何もせずとも勝手にどんどんと進んでいくようなことはありません。

どんなに素養があっても、境遇に恵まれていても、それを活かす努力をしなければ、何も成すことはできないのです。

とかく人は、小さなことを成し遂げただけで満足してしまい、そこで胡座をかいてしまいがち。

本当に、たったそれだけの小さな成功が、あなたの人生の成功でしょうか。

人は、進もうと思えば、成そうと本気で思えば、思いも寄らないことも成就できる。

そこまで進むかどうかは、自分次第。

人生において、足を止めるということは、向上することを止めるということ。そしてそれは、自分の広がりある未来を狭めるという行為です。

どうか、一歩を踏み出し、その歩みを止めぬように。自分の思いも寄らない力は、自分で育み、発揮していくのです。

他の解説を読む

  • 奇跡を起こす行動とは奇跡を起こす行動とは ☆たつ年…利口ぶる人はその場では誉められるが明日に続かず 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月21日から引用 今の世の中は、とかく合理的であったり、利口であることを求められます。 それ自体は、 […]
  • 変わらないことへの不安について変わらないことへの不安について ☆とら年…生まれる環境は選べぬ。悩みても骨折り損となり易し 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月19日から引用 人は、生まれてから、その環境を選び直すことはできません。 どんなに自分にとって悩 […]
  • 世界の真実を知り、実行するとき世界の真実を知り、実行するとき ☆う年…真実の法の言葉を聞く人は至福者である 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月20日から引用 人は、生きる上で、自分でも気付かない無意識の中で信じていることがあります。 その信じているもの […]
  • 物事へのこだわりと抵抗を手放す物事へのこだわりと抵抗を手放す ☆うし年…時を止めた者はいない。変化を恐れる事なかれ 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月18日から引用 時が止まることはありません。 幸せの絶頂であっても、絶望の淵であっても、必ず時は流れ、 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村