人生の迷宮の解き方について

☆うま年…心が曇れども不意の援助にて払拭する。妄念に執する事なかれ

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月15日から引用

生きておりますと、自分ではどうにもできないと、心が折れてしまいそうになるときがあります。

どんなに方法を考えても、物事が好転しそうにない、そんな場面もあるでしょう。

道を模索し続けるときというのは、まさに迷宮にいるようなもの。

進むべき道を頭で考えたところで、その正しさなど、到底分からないことでしょう。

大切なことは、物事を感情で推し量ろうとしないことです。辛い状況というのは、とかく感情的に判断してしまいがち。

感情に浸っていては、先に進むことはできません。

辛いと感じ考えるより前に、動き続けるしかないのです。

道を開くものは、不屈な行動であることを知りましょう。諦めない、前を向き続ける、そういうことでしか、突破できないときもある。

諦めないからこその援助であり、ただじっとしている所に、変化の兆しは訪れることはないことを忘れないように。

他の解説を読む

  • 傲慢な人との距離感について傲慢な人との距離感について ☆う年…調子に乗り傲り高ぶっている者にはやや距離を隔てて付き合うが良い 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月24日から引用 人というものは、熱が入ると、周りが見えなくなってしまいがち。 とくに […]
  • 家族と夫婦の縁について家族と夫婦の縁について ☆うし年…夫婦は合縁で結ばれしもの。争い易いが互いに敬うべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月22日から引用 人と人の縁というものは、様々な因果のもとに定まっております。 家族や夫婦という […]
  • 人生は思い通りにいくものなのか人生は思い通りにいくものなのか ☆とら年…音楽を聴いて途中で切れる象。用意周到に事を行え。恋人と旅して邪魔の入り易き時 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月23日から引用 物事というのは、なかなか思い通りには運ばないもの。 […]
  • 太陽と共に生きる、人としての在り方について太陽と共に生きる、人としての在り方について ☆ね年…朝寝、夜更かしであって精神が高尚になろうか 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月21日から引用 物事には、道理というものがあります。 人の生き方もまた然り。 人が生きるというのは […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村