人生の迷宮の解き方について

☆うま年…心が曇れども不意の援助にて払拭する。妄念に執する事なかれ

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月15日から引用

生きておりますと、自分ではどうにもできないと、心が折れてしまいそうになるときがあります。

どんなに方法を考えても、物事が好転しそうにない、そんな場面もあるでしょう。

道を模索し続けるときというのは、まさに迷宮にいるようなもの。

進むべき道を頭で考えたところで、その正しさなど、到底分からないことでしょう。

大切なことは、物事を感情で推し量ろうとしないことです。辛い状況というのは、とかく感情的に判断してしまいがち。

感情に浸っていては、先に進むことはできません。

辛いと感じ考えるより前に、動き続けるしかないのです。

道を開くものは、不屈な行動であることを知りましょう。諦めない、前を向き続ける、そういうことでしか、突破できないときもある。

諦めないからこその援助であり、ただじっとしている所に、変化の兆しは訪れることはないことを忘れないように。

他の解説を読む

  • 私という個からの解脱私という個からの解脱 ☆とり年…悟るという事は主体が転換する事。相手の身になる事が肝心 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月21日から引用 人が生きるとは、学んでいくということ。 人は、世界の真実と向き合おうとした […]
  • 言葉の持つ力、家内安全の秘訣を知る言葉の持つ力、家内安全の秘訣を知る ☆ひつじ年…家内安全の呪文は「オンにこにこ腹立てまいぞソワカ」 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月19日から引用 言葉の持つ力の大きさについて。 声に出して言葉を発するというのは、世界にその […]
  • 時間とは何か その概念について時間とは何か その概念について ☆さる年…時間は生き物である。時を無駄にすれば心が駄目になる 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月20日から引用 時間とは、どこにあるものでしょうか。 我々は、時間の中に生きているのか。 […]
  • 影響力のある話し方とは影響力のある話し方とは ☆うま年…最後に言うべき事を最初に言っては興ざめとなる。言葉に注意 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月18日から引用 人に言葉をかけるとき、そのかけ方によって、人に対する説得力が違ってまいります。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村