人生の迷宮の解き方について

☆うま年…心が曇れども不意の援助にて払拭する。妄念に執する事なかれ

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月15日から引用

生きておりますと、自分ではどうにもできないと、心が折れてしまいそうになるときがあります。

どんなに方法を考えても、物事が好転しそうにない、そんな場面もあるでしょう。

道を模索し続けるときというのは、まさに迷宮にいるようなもの。

進むべき道を頭で考えたところで、その正しさなど、到底分からないことでしょう。

大切なことは、物事を感情で推し量ろうとしないことです。辛い状況というのは、とかく感情的に判断してしまいがち。

感情に浸っていては、先に進むことはできません。

辛いと感じ考えるより前に、動き続けるしかないのです。

道を開くものは、不屈な行動であることを知りましょう。諦めない、前を向き続ける、そういうことでしか、突破できないときもある。

諦めないからこその援助であり、ただじっとしている所に、変化の兆しは訪れることはないことを忘れないように。

他の解説を読む

  • この世で学ぶべきものこの世で学ぶべきもの ☆うま年…動かぬ雲、止まる水の如く心を固くする事なかれ。常に動くものなり 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月28日から引用 蒼空を見上げれば、白き雲が悠々と泳ぎ、大地を見下ろせば、水がさらさらと […]
  • 争わないという選択争わないという選択 ☆たつ年…君子が山に隠れる象なり。争わず逃れて吉なり 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月26日から引用 世の中には、多種多様な人が生きております。 温厚な人が在れば、気性の激しい人も在るで […]
  • 変わる変わらないの意識変わる変わらないの意識 ☆み年…思いきって手放せば心に解放感ありて爽やかな風が吹く 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月27日から引用 生きておりますと、様々な状況に置かれることがあります。 毎日の変わらない日常か […]
  • 価値観と心の芯について価値観と心の芯について ☆う年…弓は的を射るものと思うが、実は心を射るものである 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月25日から引用 人には、各々が持ち合わせている価値観があります。 その人らしさ、というのは、どの […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村