2018解説

人生の迷宮の解き方について

☆うま年…心が曇れども不意の援助にて払拭する。妄念に執する事なかれ

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月15日から引用

生きておりますと、自分ではどうにもできないと、心が折れてしまいそうになるときがあります。

どんなに方法を考えても、物事が好転しそうにない、そんな場面もあるでしょう。

道を模索し続けるときというのは、まさに迷宮にいるようなもの。

進むべき道を頭で考えたところで、その正しさなど、到底分からないことでしょう。

大切なことは、物事を感情で推し量ろうとしないことです。辛い状況というのは、とかく感情的に判断してしまいがち。

感情に浸っていては、先に進むことはできません。

辛いと感じ考えるより前に、動き続けるしかないのです。

道を開くものは、不屈な行動であることを知りましょう。諦めない、前を向き続ける、そういうことでしか、突破できないときもある。

諦めないからこその援助であり、ただじっとしている所に、変化の兆しは訪れることはないことを忘れないように。