心の静寂の必要性について

☆み年…心を虚しくすると静寂が訪れる。静寂より明智生まれる

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月14日から引用

人はなぜ、心の静寂を求めるのでしょう。

どこかで人は、自らが心によって振り回されているということに気付いています。そして、そのことに疲れている。

常に何かを思い、常に何かを感じている。そのことに一喜一憂し、日常の出来事だけで、一杯一杯になる。

そうして日々過ごしていても、発展的な出来事が起こり得ないのは、起こるための場が無いからに他なりません。

何かが生まれるためには、余白がなければならない。物事は、余白に生まれるもの。

心の煩わしさから離れて、心に余白を作る。それが静寂の必要性であり、そうすることで生まれる智慧がある。

人生は、そうして自分で切り開いていくものなのです。心の静寂は、人生の発展へと繋がることに気付くとき。

他の解説を読む

  • 生きる視点を変える日生きる視点を変える日 ☆とり年…身を低くして空の高さを知る。謙なる心は天地正大に目覚める 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月31日から引用 私たちは日頃、自分の思い込みの中を生きております。 何事も分かった気に […]
  • 明けない夜はない明けない夜はない ☆ひつじ年…東の空に日が昇りて暖かき意。順風なる吉日 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月29日から引用 どんなに苦しくても、どんなに悲しくても、朝になれば、東の空から日は昇ります。 どんな […]
  • 余白に降り立つ吉運かな余白に降り立つ吉運かな ☆さる年…物事整理して心機一転。何事も吉に向かうかな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月30日から引用 みなさま、年末の大掃除はされましたか。 これから掃除をする、という方も多くいらっしゃ […]
  • この世で学ぶべきものこの世で学ぶべきもの ☆うま年…動かぬ雲、止まる水の如く心を固くする事なかれ。常に動くものなり 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月28日から引用 蒼空を見上げれば、白き雲が悠々と泳ぎ、大地を見下ろせば、水がさらさらと […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村