心の静寂の必要性について

☆み年…心を虚しくすると静寂が訪れる。静寂より明智生まれる

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月14日から引用

人はなぜ、心の静寂を求めるのでしょう。

どこかで人は、自らが心によって振り回されているということに気付いています。そして、そのことに疲れている。

常に何かを思い、常に何かを感じている。そのことに一喜一憂し、日常の出来事だけで、一杯一杯になる。

そうして日々過ごしていても、発展的な出来事が起こり得ないのは、起こるための場が無いからに他なりません。

何かが生まれるためには、余白がなければならない。物事は、余白に生まれるもの。

心の煩わしさから離れて、心に余白を作る。それが静寂の必要性であり、そうすることで生まれる智慧がある。

人生は、そうして自分で切り開いていくものなのです。心の静寂は、人生の発展へと繋がることに気付くとき。

他の解説を読む

  • 物事を選択を見極めるために物事を選択を見極めるために ☆み年…他所へ行きて御馳走あれども酒に味なし。活気あれども喜び少なし 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月17日から引用 人は、五官で感じたことを認識することにより、自分の世界を形成しております。 […]
  • 今までの世の中と、これからの世の中について今までの世の中と、これからの世の中について ☆う年…人生の疲労は貪欲より起こる。少欲安穏を知るべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月15日から引用 今現在の世の中は物質資本主義です。 物が世界の中心であり、物の進化が文明の進化であり […]
  • 人を形成している価値観について人を形成している価値観について ☆たつ年…自主独立の志を持って進むべし。されど他人の自主も尊んで蔑む事なかれ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月16日から引用 人の思想・価値観は、どこまでが自分の本質なのでしょう。 人は生 […]
  • 今の自分に満足することなかれ今の自分に満足することなかれ ☆とら年…小才を誇ればいつまでも大人物とはならず。何事も謙虚にて吉 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月14日から引用 どんな人にも、自分を活かせる得意分野というのがあります。 それは仕事に関 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村