心の静寂の必要性について

☆み年…心を虚しくすると静寂が訪れる。静寂より明智生まれる

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月14日から引用

人はなぜ、心の静寂を求めるのでしょう。

どこかで人は、自らが心によって振り回されているということに気付いています。そして、そのことに疲れている。

常に何かを思い、常に何かを感じている。そのことに一喜一憂し、日常の出来事だけで、一杯一杯になる。

そうして日々過ごしていても、発展的な出来事が起こり得ないのは、起こるための場が無いからに他なりません。

何かが生まれるためには、余白がなければならない。物事は、余白に生まれるもの。

心の煩わしさから離れて、心に余白を作る。それが静寂の必要性であり、そうすることで生まれる智慧がある。

人生は、そうして自分で切り開いていくものなのです。心の静寂は、人生の発展へと繋がることに気付くとき。

他の解説を読む

  • 人生における実りの為に人生における実りの為に ☆うし年…草木に秋光射して果物実る時。吉なる兆しあり 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月29日から引用 草木に果物が実るように、人生にも吉事が巡ってまいります。 草木の実りには、蜂や蝶々の […]
  • 慎む心を知る慎む心を知る ☆い年…身を慎む、口を慎む、心を慎む。楽しい時には気づかぬもの 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月27日から引用 自分の行動を慎むこと、これは自分自身にしか出来ないことです。 ときには、本 […]
  • 物事の真実を知るために物事の真実を知るために ☆ね年…肉眼は開いていても心の眼が開かなければ一事一物の尊さが見えない 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月28日から引用 みなさまの中に、自分の目で見たものしか信じない、と思っていらっしゃる方は […]
  • 正しい信仰とは何か正しい信仰とは何か ☆いぬ年…南無の心は彼岸にあるのではない。毎日の行いに宿る 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月26日から引用 人には、人それぞれの信仰心があります。 それは宗教という括りではなく、その人の […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村