心の静寂の必要性について

☆み年…心を虚しくすると静寂が訪れる。静寂より明智生まれる

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月14日から引用

人はなぜ、心の静寂を求めるのでしょう。

どこかで人は、自らが心によって振り回されているということに気付いています。そして、そのことに疲れている。

常に何かを思い、常に何かを感じている。そのことに一喜一憂し、日常の出来事だけで、一杯一杯になる。

そうして日々過ごしていても、発展的な出来事が起こり得ないのは、起こるための場が無いからに他なりません。

何かが生まれるためには、余白がなければならない。物事は、余白に生まれるもの。

心の煩わしさから離れて、心に余白を作る。それが静寂の必要性であり、そうすることで生まれる智慧がある。

人生は、そうして自分で切り開いていくものなのです。心の静寂は、人生の発展へと繋がることに気付くとき。

他の解説を読む

  • 人生は思い通りにいくものなのか人生は思い通りにいくものなのか ☆とら年…音楽を聴いて途中で切れる象。用意周到に事を行え。恋人と旅して邪魔の入り易き時 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月23日から引用 物事というのは、なかなか思い通りには運ばないもの。 […]
  • 太陽と共に生きる、人としての在り方について太陽と共に生きる、人としての在り方について ☆ね年…朝寝、夜更かしであって精神が高尚になろうか 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月21日から引用 物事には、道理というものがあります。 人の生き方もまた然り。 人が生きるというのは […]
  • 家族と夫婦の縁について家族と夫婦の縁について ☆うし年…夫婦は合縁で結ばれしもの。争い易いが互いに敬うべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月22日から引用 人と人の縁というものは、様々な因果のもとに定まっております。 家族や夫婦という […]
  • さまざまな時を経て、さまざまな時を楽しむさまざまな時を経て、さまざまな時を楽しむ ☆い年…人は植物の如く芽を吹き成長しそして枯れると達観すべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月20日から引用 人には、人生において様々な時期がございます。 それは、万人に起こる変化であり、 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村