何事も日々の積み重ねによって成る

☆たつ年…何事でも根がある。基礎、基盤を固める時

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月13日から引用

物事が前進しないとき、それはやり方を間違えているというよりも、まだその時ではないのかもしれません。

人生において、物事が正当に、劇的に発展していく時というのは、それ相当の器になっておく必要があります。

器が出来ぬまま発展することもありますが、それはそのことで学ばなければいけないということ、ぬか喜びをしていると、後に大変なことになるかもしれません。

さて、相当の器になるとは、物事を受け取る準備ができているということ。

物事は、受け入れることのできる姿勢があれば、享受できるのです。

そのためにも大切なことは、日々の暮らしを疎かにしないということ。ほんの小さなことの積み重ねによって、自分自身の器が出来上がっているということを意識しましょう。

しっかりと意識の根を張り巡らせば、願いの幹はそだってゆき、やがては実を結ぶことでしょう。

自分という基礎を固め、相応しい器になるとき。

他の解説を読む

  • 言葉を慎むことの真意言葉を慎むことの真意 ☆うま年…舌は禍の根幹。本日はよく口を慎め 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月23日から引用 口から出す言葉は、気をつけなくてはなりません。 古来より、さまざまな故事によって、言葉から起こる […]
  • 奇跡を起こす行動とは奇跡を起こす行動とは ☆たつ年…利口ぶる人はその場では誉められるが明日に続かず 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月21日から引用 今の世の中は、とかく合理的であったり、利口であることを求められます。 それ自体は、 […]
  • 自分の在り方を知る自分の在り方を知る ☆み年…どことなく響き来る梵音。汝の不運は吉運へと転ずる 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月22日から引用 自分が絶望の淵に沈んでいるとき、哀しみに暮れているとき、明日への希望が見えないとき、どう […]
  • 世界の真実を知り、実行するとき世界の真実を知り、実行するとき ☆う年…真実の法の言葉を聞く人は至福者である 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月20日から引用 人は、生きる上で、自分でも気付かない無意識の中で信じていることがあります。 その信じているもの […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村