何事も日々の積み重ねによって成る

☆たつ年…何事でも根がある。基礎、基盤を固める時

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月13日から引用

物事が前進しないとき、それはやり方を間違えているというよりも、まだその時ではないのかもしれません。

人生において、物事が正当に、劇的に発展していく時というのは、それ相当の器になっておく必要があります。

器が出来ぬまま発展することもありますが、それはそのことで学ばなければいけないということ、ぬか喜びをしていると、後に大変なことになるかもしれません。

さて、相当の器になるとは、物事を受け取る準備ができているということ。

物事は、受け入れることのできる姿勢があれば、享受できるのです。

そのためにも大切なことは、日々の暮らしを疎かにしないということ。ほんの小さなことの積み重ねによって、自分自身の器が出来上がっているということを意識しましょう。

しっかりと意識の根を張り巡らせば、願いの幹はそだってゆき、やがては実を結ぶことでしょう。

自分という基礎を固め、相応しい器になるとき。

他の解説を読む

  • 影響力のある話し方とは影響力のある話し方とは ☆うま年…最後に言うべき事を最初に言っては興ざめとなる。言葉に注意 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月18日から引用 人に言葉をかけるとき、そのかけ方によって、人に対する説得力が違ってまいります。 […]
  • 人を形成している価値観について人を形成している価値観について ☆たつ年…自主独立の志を持って進むべし。されど他人の自主も尊んで蔑む事なかれ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月16日から引用 人の思想・価値観は、どこまでが自分の本質なのでしょう。 人は生 […]
  • 物事を選択を見極めるために物事を選択を見極めるために ☆み年…他所へ行きて御馳走あれども酒に味なし。活気あれども喜び少なし 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月17日から引用 人は、五官で感じたことを認識することにより、自分の世界を形成しております。 […]
  • 今までの世の中と、これからの世の中について今までの世の中と、これからの世の中について ☆う年…人生の疲労は貪欲より起こる。少欲安穏を知るべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月15日から引用 今現在の世の中は物質資本主義です。 物が世界の中心であり、物の進化が文明の進化であり […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村