何事も日々の積み重ねによって成る

☆たつ年…何事でも根がある。基礎、基盤を固める時

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月13日から引用

物事が前進しないとき、それはやり方を間違えているというよりも、まだその時ではないのかもしれません。

人生において、物事が正当に、劇的に発展していく時というのは、それ相当の器になっておく必要があります。

器が出来ぬまま発展することもありますが、それはそのことで学ばなければいけないということ、ぬか喜びをしていると、後に大変なことになるかもしれません。

さて、相当の器になるとは、物事を受け取る準備ができているということ。

物事は、受け入れることのできる姿勢があれば、享受できるのです。

そのためにも大切なことは、日々の暮らしを疎かにしないということ。ほんの小さなことの積み重ねによって、自分自身の器が出来上がっているということを意識しましょう。

しっかりと意識の根を張り巡らせば、願いの幹はそだってゆき、やがては実を結ぶことでしょう。

自分という基礎を固め、相応しい器になるとき。

他の解説を読む

  • 傲慢な人との距離感について傲慢な人との距離感について ☆う年…調子に乗り傲り高ぶっている者にはやや距離を隔てて付き合うが良い 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月24日から引用 人というものは、熱が入ると、周りが見えなくなってしまいがち。 とくに […]
  • 家族と夫婦の縁について家族と夫婦の縁について ☆うし年…夫婦は合縁で結ばれしもの。争い易いが互いに敬うべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月22日から引用 人と人の縁というものは、様々な因果のもとに定まっております。 家族や夫婦という […]
  • 人生は思い通りにいくものなのか人生は思い通りにいくものなのか ☆とら年…音楽を聴いて途中で切れる象。用意周到に事を行え。恋人と旅して邪魔の入り易き時 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月23日から引用 物事というのは、なかなか思い通りには運ばないもの。 […]
  • 太陽と共に生きる、人としての在り方について太陽と共に生きる、人としての在り方について ☆ね年…朝寝、夜更かしであって精神が高尚になろうか 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月21日から引用 物事には、道理というものがあります。 人の生き方もまた然り。 人が生きるというのは […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村