お金というエネルギーの本質を見つめる

☆とら年…小銭を疎かにすれば万金を失する。大切に扱うべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月11日から引用

お金は、硬貨や紙幣といった物体として捉えてはいけません。

確かに硬貨であり、紙幣なのですが、お金はエネルギーです。

よく、お金は天下の回りものという表現をされますが、その本質は、お金は回ることでそのエネルギーを増していく性質があるのです。

そのため、お金をただ貯えておくよりも、使っていった方が、お金の巡りは、良くなってまいります。

さて、お金はエネルギーですが、エネルギーというのは、人の想いを帯びる性質があります。

そのため、硬貨や紙幣といった金額にとらわれることなく、お金というエネルギーを大切にして、自分がお金を使うことで、世の中が良くなっていくイメージを持って、お金を回していく。

どんな小銭であっても、大切に想う。

そして、執着をしないこと。

回り、巡ることで、どんどんエネルギーが増していくのをイメージすることで、お金に限らず、さまざまな巡りが良くなっていくでしょう。

目の前に表れていることだけにとらわれぬように。

 

他の解説を読む

  • 物事に盲目的にならぬように物事に盲目的にならぬように ☆とら年…柴火を焚いて着物を焦がす意あり。火の用心を怠るな 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月13日から引用 人はとかく、何かに集中している時というのは、他のものが見えなくなるもの。 懸命 […]
  • 過去も未来もない、今という時を知る過去も未来もない、今という時を知る ☆ね年…百年間も一瞬の連続なり。一瞬に目覚める者は永遠を悟った者 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月11日から引用 「時」というのは、今、この瞬間しかありません。 過去があり、未来があると […]
  • 苦手な方との付き合い方について苦手な方との付き合い方について ☆うし年…嫌いな人を避けようとも避けられず。自らの心持ちを変えよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月12日から引用 この世の中には、様々な人が生きております。その中で、親しくなる方が在れば、波長 […]
  • 正しさを歩んでいくことの難しさの中で正しさを歩んでいくことの難しさの中で ☆い年…良き師匠を得て道筋を得るべし。何事にもまず師匠探しから 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月10日から引用 物事を理解していくにあたって、自分一人で学んでいくのはなかなか難しいでしょう。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村