お金というエネルギーの本質を見つめる

☆とら年…小銭を疎かにすれば万金を失する。大切に扱うべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月11日から引用

お金は、硬貨や紙幣といった物体として捉えてはいけません。

確かに硬貨であり、紙幣なのですが、お金はエネルギーです。

よく、お金は天下の回りものという表現をされますが、その本質は、お金は回ることでそのエネルギーを増していく性質があるのです。

そのため、お金をただ貯えておくよりも、使っていった方が、お金の巡りは、良くなってまいります。

さて、お金はエネルギーですが、エネルギーというのは、人の想いを帯びる性質があります。

そのため、硬貨や紙幣といった金額にとらわれることなく、お金というエネルギーを大切にして、自分がお金を使うことで、世の中が良くなっていくイメージを持って、お金を回していく。

どんな小銭であっても、大切に想う。

そして、執着をしないこと。

回り、巡ることで、どんどんエネルギーが増していくのをイメージすることで、お金に限らず、さまざまな巡りが良くなっていくでしょう。

目の前に表れていることだけにとらわれぬように。

 

他の解説を読む

  • 生きることの尊厳に気付く生きることの尊厳に気付く ☆ね年…如何なる荒波でも、決して覆らぬ船の上。心を落ち着けよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月12日から引用 動じぬ心、腹の据わった状態というのは、外界の如何なるにも及ばされることはありません。 […]
  • 精進なくして智恵はない精進なくして智恵はない ☆いぬ年…智恵は精進より来る。努力勉励して妙案出る 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月10日から引用 常に妙案ある人は、常に精進の人である。 精進なくして智恵はなく、智恵なくして妙案は出ない […]
  • 物事を考えるとは物事を考えるとは ☆い年…あまり頭を使いすぎず、腹で考えるべし。丹田を鍛えよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月11日から引用 人は、物事を頭で考えると、つい損得を考えてしまいがちです。 自分にとっての利害を […]
  • 気付きのある人生を歩むために気付きのある人生を歩むために ☆とり年…人生の不安にぶち当たった時に初めて真理を求める心が生まれる 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月9日から引用 人は、のんびりと変わらない日々を過ごしていては、なかなか気付きはありません。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村