お金というエネルギーの本質を見つめる

☆とら年…小銭を疎かにすれば万金を失する。大切に扱うべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月11日から引用

お金は、硬貨や紙幣といった物体として捉えてはいけません。

確かに硬貨であり、紙幣なのですが、お金はエネルギーです。

よく、お金は天下の回りものという表現をされますが、その本質は、お金は回ることでそのエネルギーを増していく性質があるのです。

そのため、お金をただ貯えておくよりも、使っていった方が、お金の巡りは、良くなってまいります。

さて、お金はエネルギーですが、エネルギーというのは、人の想いを帯びる性質があります。

そのため、硬貨や紙幣といった金額にとらわれることなく、お金というエネルギーを大切にして、自分がお金を使うことで、世の中が良くなっていくイメージを持って、お金を回していく。

どんな小銭であっても、大切に想う。

そして、執着をしないこと。

回り、巡ることで、どんどんエネルギーが増していくのをイメージすることで、お金に限らず、さまざまな巡りが良くなっていくでしょう。

目の前に表れていることだけにとらわれぬように。

 

他の解説を読む

  • 傲慢な人との距離感について傲慢な人との距離感について ☆う年…調子に乗り傲り高ぶっている者にはやや距離を隔てて付き合うが良い 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月24日から引用 人というものは、熱が入ると、周りが見えなくなってしまいがち。 とくに […]
  • 家族と夫婦の縁について家族と夫婦の縁について ☆うし年…夫婦は合縁で結ばれしもの。争い易いが互いに敬うべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月22日から引用 人と人の縁というものは、様々な因果のもとに定まっております。 家族や夫婦という […]
  • 人生は思い通りにいくものなのか人生は思い通りにいくものなのか ☆とら年…音楽を聴いて途中で切れる象。用意周到に事を行え。恋人と旅して邪魔の入り易き時 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月23日から引用 物事というのは、なかなか思い通りには運ばないもの。 […]
  • 太陽と共に生きる、人としての在り方について太陽と共に生きる、人としての在り方について ☆ね年…朝寝、夜更かしであって精神が高尚になろうか 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月21日から引用 物事には、道理というものがあります。 人の生き方もまた然り。 人が生きるというのは […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村