2018解説

お金というエネルギーの本質を見つめる

☆とら年…小銭を疎かにすれば万金を失する。大切に扱うべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月11日から引用

お金は、硬貨や紙幣といった物体として捉えてはいけません。

確かに硬貨であり、紙幣なのですが、お金はエネルギーです。

よく、お金は天下の回りものという表現をされますが、その本質は、お金は回ることでそのエネルギーを増していく性質があるのです。

そのため、お金をただ貯えておくよりも、使っていった方が、お金の巡りは、良くなってまいります。

さて、お金はエネルギーですが、エネルギーというのは、人の想いを帯びる性質があります。

そのため、硬貨や紙幣といった金額にとらわれることなく、お金というエネルギーを大切にして、自分がお金を使うことで、世の中が良くなっていくイメージを持って、お金を回していく。

どんな小銭であっても、大切に想う。

そして、執着をしないこと。

回り、巡ることで、どんどんエネルギーが増していくのをイメージすることで、お金に限らず、さまざまな巡りが良くなっていくでしょう。

目の前に表れていることだけにとらわれぬように。