人生における学び、学問の成就について

☆うし年…学問は実践があるから成功する。外に出でて吉

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月10日から引用

人生の基軸は学ぶということ。

人は、生きていく限り、さまざまなことを経験し、学んでいきます。

そこに意欲があるかどうかによって、学びへの理解の深さは変わってまいりますが、人が生きるとは、学ぶということ。

この学びというのは、お勉強をすればいいということではありません。

人の学びとは、例えば不遇な境遇に生まれ、その中で一つ一つ清算し、自らを高めていくことかもしれない。

もしくは、人間関係が上手く行かないことによって、他者をどう捉えるべきかを知るのかもしれない。そして最終日には、他者を受け入れることかもしれない。

これら人生の学びは、ひとり頭で考えていても、知識ばかり増えていき、身に付くことはないのです。

知識は、他者や世界と交わることで、初めて智慧となる。

すべての学び、すべての学問は、自分の中で完結するのでなく、実践として表に現れることによって、完成されるのです。

他者や世界は、自分そのものだということを知る日。

他の解説を読む

  • 傲慢な人との距離感について傲慢な人との距離感について ☆う年…調子に乗り傲り高ぶっている者にはやや距離を隔てて付き合うが良い 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月24日から引用 人というものは、熱が入ると、周りが見えなくなってしまいがち。 とくに […]
  • 家族と夫婦の縁について家族と夫婦の縁について ☆うし年…夫婦は合縁で結ばれしもの。争い易いが互いに敬うべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月22日から引用 人と人の縁というものは、様々な因果のもとに定まっております。 家族や夫婦という […]
  • 人生は思い通りにいくものなのか人生は思い通りにいくものなのか ☆とら年…音楽を聴いて途中で切れる象。用意周到に事を行え。恋人と旅して邪魔の入り易き時 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月23日から引用 物事というのは、なかなか思い通りには運ばないもの。 […]
  • 太陽と共に生きる、人としての在り方について太陽と共に生きる、人としての在り方について ☆ね年…朝寝、夜更かしであって精神が高尚になろうか 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月21日から引用 物事には、道理というものがあります。 人の生き方もまた然り。 人が生きるというのは […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村