人生の壁に当たったとき、どう行動するべきか

☆ね年…問題が解決しない時は我心を離れ無我に徹するべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月9日から引用

生きておりますと、一つの問題に直面し、なかなか解決しないこともあるでしょう。

どうしても解決したいと思っても、なかなか状況が前進しないこともあります。

さて、その状況において、あなたの心はどんな状態でしょうか。

もちろん、解決したいと思っているでしょう。しかし、物事の解決に固執し、視野が狭くなってはいませんか。

究極的に考えますと、物事を善くしたいと思う心すら、我欲です。所詮は、私の欲なのです。

では、我を離れ、欲を離れる状態、無我とはどんな状態なのか。

それは、私の想いが無くなるという状態ではなく、一切のとらわれが無くなる状態を表します。

本質的にどう在りたいかというのは、重要なことです。しかし、すべての事柄について、固執してはいけません。

また、固執した願いによって、更なる発展的な未来から離れることにもなり兼ねません。

固執した考えや願いは、こだわりや片寄った思考へのとらわれを生み出し、物事が好転しない一番の原因となるでしょう。

目の前の状況を変えたいと思ったなら、強く願い、そしてその願いから離れ、自分自身が本質的にどう在りたいのかを体現していく。

願いに固執するのではなく、願いは願いとして想いながらも、とらわれないということ。

そして、自分自身が正しくあるため、どんな願いも受け入れることが出来る状態で常に在るために、その時できることに注力するということです。

考えに固執することなく、自分の成すべきことに対して動き続けていれば、必ず物事は好転していきます。

自ずと、問題の解決する糸口が見えてくるでしょう。

外の物事を変えるのでなく、自分自身が常に前進していくのです。世界は、自分の進化によって、必ず好転していくでしょう。

他の解説を読む

  • 物事に盲目的にならぬように物事に盲目的にならぬように ☆とら年…柴火を焚いて着物を焦がす意あり。火の用心を怠るな 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月13日から引用 人はとかく、何かに集中している時というのは、他のものが見えなくなるもの。 懸命 […]
  • 過去も未来もない、今という時を知る過去も未来もない、今という時を知る ☆ね年…百年間も一瞬の連続なり。一瞬に目覚める者は永遠を悟った者 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月11日から引用 「時」というのは、今、この瞬間しかありません。 過去があり、未来があると […]
  • 苦手な方との付き合い方について苦手な方との付き合い方について ☆うし年…嫌いな人を避けようとも避けられず。自らの心持ちを変えよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月12日から引用 この世の中には、様々な人が生きております。その中で、親しくなる方が在れば、波長 […]
  • 正しさを歩んでいくことの難しさの中で正しさを歩んでいくことの難しさの中で ☆い年…良き師匠を得て道筋を得るべし。何事にもまず師匠探しから 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月10日から引用 物事を理解していくにあたって、自分一人で学んでいくのはなかなか難しいでしょう。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村