幸せを受け入れていく、それが人生である

☆いぬ年…生きるより生かされていると目覚めて人生は楽園となる

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月7日から引用

生きていかなければならない、そういう意識を持ったことが、どなたもお有りの事と思います。

生きていくことは、良いことばかりが起こる訳ではありません。辛い現実を目の前にした時、それでも生きていくことに対して、悲観的になることもあるでしょう。

しかし、人は、生きているのではなく、生かされております。生かされているということは、活かされているということ。

この世の中に、自分にも出来ることがある。

変わっていかなければ出来ない訳ではありません。今の自分で良い、あとは、受け入れていくだけなのです。

今日も生きている、そのことが本来どれほど有り難いことか。

生きることの恩恵は、どれほど受け取ってもいい、それが生かされているということ。

人生を辛くしているのは、自分の心・感情です。人生は、湧き出る泉のような尽きることのない幸せがどこにでもある、誰もが幸せになっていい、あとはその幸せを受け入れるかどうかである。

他の解説を読む

  • 苦手な方との付き合い方について苦手な方との付き合い方について ☆うし年…嫌いな人を避けようとも避けられず。自らの心持ちを変えよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月12日から引用 この世の中には、様々な人が生きております。その中で、親しくなる方が在れば、波長 […]
  • 正しさを歩んでいくことの難しさの中で正しさを歩んでいくことの難しさの中で ☆い年…良き師匠を得て道筋を得るべし。何事にもまず師匠探しから 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月10日から引用 物事を理解していくにあたって、自分一人で学んでいくのはなかなか難しいでしょう。 […]
  • 過去も未来もない、今という時を知る過去も未来もない、今という時を知る ☆ね年…百年間も一瞬の連続なり。一瞬に目覚める者は永遠を悟った者 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月11日から引用 「時」というのは、今、この瞬間しかありません。 過去があり、未来があると […]
  • 物事との向き合い方を改める物事との向き合い方を改める ☆いぬ年…黙して騒がず、小手先で物事を為す事をやめて万事順運 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月09日から引用 物事が起こったとき、動く気がない人ほど、そのことについて騒ぎ立て、感情を露わにしま […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村