今を見つめることの難しさについて 人を超えていくということ

☆とり年…一切の煩悩から離れる智恵を信心という。信心は今現在に向き合う事

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月5日から引用

人が生きていくというのは、感情と考えによって右往左往するということ。

この感情と考えというのが、人の抱える煩悩というものです。

物事に対して、身勝手な考えで判断し、それについて感情を抱く。そうすることを、人は止めることが出来ません。

自分を向上させていく生き方をするためには、その身勝手な考えを真理に近付ける努力が必要です。

そのためには、感情に振り回されないということが最も重要になってまいります。わき起こる感情について、俯瞰する智恵が必要なのです。

自分の感情から離れ、価値観のとらわれから離れること、それはまさに、物事を一切の偏りなく正確に見抜くということ。

そしてそれは、正確に物事を判断し、見抜くことのできる智恵を持つということなのです。

人の想いや考えを超えていくとは、物事の真理を見つめ、その真理を信じるという姿勢であり、真理をどこまで信じることができるかというのが、人を超えていくということなのです。

今を見つめるために必要なことは、人の想いや考えに縛られずに、真理を信じるということだと知る日。

他の解説を読む

  • 変わるもの、変わらぬもの、変えられるものについて変わるもの、変わらぬもの、変えられるものについて ☆み年…金や物は一部分である。全体は金や物では動かぬ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月16日から引用 この世の中には、お金で解決できる問題があります。 お金があれば、生活が変えられる、嫌 […]
  • 目に見える世界しか信じられない方へ目に見える世界しか信じられない方へ ☆う年…現実のみを重大視するところに混乱がある。永遠の視点に立つべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月14日から引用 皆さま、この世には、目に見える世界と、目に見えない世界があります。 […]
  • 慣れていくことの難しさ慣れていくことの難しさ ☆たつ年…慣れるのは人間の習性。悪習は特に早いと知れ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月15日から引用 人は、良くも悪くも、物事に慣れていきます。 変化を恐れていながらも、変化が起これば、 […]
  • 物事に盲目的にならぬように物事に盲目的にならぬように ☆とら年…柴火を焚いて着物を焦がす意あり。火の用心を怠るな 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月13日から引用 人はとかく、何かに集中している時というのは、他のものが見えなくなるもの。 懸命 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村