今を見つめることの難しさについて 人を超えていくということ

☆とり年…一切の煩悩から離れる智恵を信心という。信心は今現在に向き合う事

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月5日から引用

人が生きていくというのは、感情と考えによって右往左往するということ。

この感情と考えというのが、人の抱える煩悩というものです。

物事に対して、身勝手な考えで判断し、それについて感情を抱く。そうすることを、人は止めることが出来ません。

自分を向上させていく生き方をするためには、その身勝手な考えを真理に近付ける努力が必要です。

そのためには、感情に振り回されないということが最も重要になってまいります。わき起こる感情について、俯瞰する智恵が必要なのです。

自分の感情から離れ、価値観のとらわれから離れること、それはまさに、物事を一切の偏りなく正確に見抜くということ。

そしてそれは、正確に物事を判断し、見抜くことのできる智恵を持つということなのです。

人の想いや考えを超えていくとは、物事の真理を見つめ、その真理を信じるという姿勢であり、真理をどこまで信じることができるかというのが、人を超えていくということなのです。

今を見つめるために必要なことは、人の想いや考えに縛られずに、真理を信じるということだと知る日。

他の解説を読む

  • 便利な社会の中で忘れてはならぬ心とは便利な社会の中で忘れてはならぬ心とは ☆たつ年…草が人間に踏まれ泣く象。自然を大切にせよ。自然に親しみて心気爽快 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月5日から引用 みなさま、食事をいただくとき、手を合わせていただきますと、感謝できており […]
  • 日頃の心得を知る日頃の心得を知る ☆とら年…黒雲が空を覆う意。用意周到にして事を為せ 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月3日から引用 どんなに正しい道を歩んでいたとしても、生きている限り、様々なことが起こります。 謂われのな […]
  • 熱を持つことの本質を探る熱を持つことの本質を探る ☆う年…熱愛はほどなく冷める事を知って距離をおくべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月4日から引用 熱愛というもの、これは人と人との関係に限った話ではありません。 何か、夢中になれる物事を […]
  • 判断を超えた先に進んでいくこと判断を超えた先に進んでいくこと ☆うし年…人を訪ねたが軒の松風が吹くのみ。本日は出直すべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月2日から引用 仕事の中で、生活の中で、人との関わりの中で、会いたい人になかなか会えないということがあり […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村