今を見つめることの難しさについて 人を超えていくということ

☆とり年…一切の煩悩から離れる智恵を信心という。信心は今現在に向き合う事

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月5日から引用

人が生きていくというのは、感情と考えによって右往左往するということ。

この感情と考えというのが、人の抱える煩悩というものです。

物事に対して、身勝手な考えで判断し、それについて感情を抱く。そうすることを、人は止めることが出来ません。

自分を向上させていく生き方をするためには、その身勝手な考えを真理に近付ける努力が必要です。

そのためには、感情に振り回されないということが最も重要になってまいります。わき起こる感情について、俯瞰する智恵が必要なのです。

自分の感情から離れ、価値観のとらわれから離れること、それはまさに、物事を一切の偏りなく正確に見抜くということ。

そしてそれは、正確に物事を判断し、見抜くことのできる智恵を持つということなのです。

人の想いや考えを超えていくとは、物事の真理を見つめ、その真理を信じるという姿勢であり、真理をどこまで信じることができるかというのが、人を超えていくということなのです。

今を見つめるために必要なことは、人の想いや考えに縛られずに、真理を信じるということだと知る日。

他の解説を読む

  • 弁解ではなく、伝えることについて弁解ではなく、伝えることについて ☆さる年…弁解をするほど窮地に陥ると悟るなり 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月8日から引用 人の心の中には、他人に自分のことを分かってもらいたいという思いと、良く思われたいという思いが共存してお […]
  • 物事が成ったときこそを知る物事が成ったときこそを知る ☆うま年…青山に妙鳥が悠然と飛ぶが狩人近くに来る象。調子に乗るな 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月6日から引用 みなさま、物事が足元から崩れていくとき、どういう状態・タイミングであるとお思いでし […]
  • まぁいいか、で見逃していることまぁいいか、で見逃していること ☆ひつじ年…山に薄雲かかる象。難無きも心を許す事なかれ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月7日から引用 まぁいいか、という発想があります。 様々な場面において適用されますが、これはした方がい […]
  • 物事の対価 善報、悪報を知る物事の対価 善報、悪報を知る ☆み年…労を尽くしても、必要以上にその報いを求めなければ必ず善報あり 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月5日から引用 人はとかく、何事に対しても、自分の価値観に基づく対価を求める傾向があります。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村