起こり得ることを想像するのでなく、何があっても動じない自分を創造する

☆み年…空は曇りて雨降りだす象。念には念を入れて準備せよ

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月1日から引用

人生、いつ何が起こるか分かりません。

思わぬことがあり喜ばしいことと、思わぬことがあり受け入れ難いこと、どちらも起こる可能性がある。

それを予想することは出来ません。

では、受け入れ難いことというのは、人生の中での悪いことでしょうか。

その出来事は、その最中においては、辛く厳しいものでしょう。

しかし、その試練は、乗り越えるために与えられております。

人生において起こる出来事というのは、すべて自分の学びのために起きている、それは、どんな出来事であってもです。

人の失敗であっても、その失敗をした人が学ぶべきなのでなく、それを目にしている自分が何かを学ぶために起きている。

そうして物事を捉えていくことが、すべての物事を好転として発展させるための肝となります。

人生に何が起こっても、冷静に物事を受け入れられるように、日頃から、心の鍛錬をいたしましょう。

物事について、とらわれず、こだわらず、広く見渡し、深く考察する心の目を養っておくように。

他の解説を読む

  • 自分に与えられる恵みについて自分に与えられる恵みについて ☆う年…求める以前に与えられている。大いなる恵みに目覚める日 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月7日から引用 みなさまの夢は何ですか、希望は何ですか。 叶えたい願いがあり、日々精進されてい […]
  • 物事には差がないということを知る物事には差がないということを知る ☆うし年…一事一物の尊さを知るのは心の練れた人である 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月5日から引用 起こる物事には多重性があります。 同じ物事であっても、捉える人によって、それぞれその様 […]
  • 自由であるが故の慎みについて自由であるが故の慎みについて ☆とら年…優れし人間は目に見えぬ天意に敬意をもちて慎む 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月6日から引用 人はみな、自身の自由意志によって行動を選択しております。 その時々にどのような行動を […]
  • 人生における馴れ合い人生における馴れ合い ☆ね年…働き者の妻には夫が怠ける。ほどほどにせよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月4日から引用 人というものは、すぐに状況に慣れていきます。 良くも悪くも、状況に慣れることで自分を守って […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村