起こり得ることを想像するのでなく、何があっても動じない自分を創造する

☆み年…空は曇りて雨降りだす象。念には念を入れて準備せよ

東京新聞TOKYO Web
平成30年5月1日から引用

人生、いつ何が起こるか分かりません。

思わぬことがあり喜ばしいことと、思わぬことがあり受け入れ難いこと、どちらも起こる可能性がある。

それを予想することは出来ません。

では、受け入れ難いことというのは、人生の中での悪いことでしょうか。

その出来事は、その最中においては、辛く厳しいものでしょう。

しかし、その試練は、乗り越えるために与えられております。

人生において起こる出来事というのは、すべて自分の学びのために起きている、それは、どんな出来事であってもです。

人の失敗であっても、その失敗をした人が学ぶべきなのでなく、それを目にしている自分が何かを学ぶために起きている。

そうして物事を捉えていくことが、すべての物事を好転として発展させるための肝となります。

人生に何が起こっても、冷静に物事を受け入れられるように、日頃から、心の鍛錬をいたしましょう。

物事について、とらわれず、こだわらず、広く見渡し、深く考察する心の目を養っておくように。

他の解説を読む

  • 与える喜びと感謝を知る与える喜びと感謝を知る ☆うし年…恩恵の報いを求めなければ後に楽しき事が必ずある 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月6日から引用 他者や世の中の為の行動であっても、必ずしも良いことになっていると思えないことがあります。 […]
  • 過去に縛られ生きている人々へ過去に縛られ生きている人々へ ☆い年…過去の誉れより今後の謗りがなきように。未来悪ければ過去の栄光も水の泡 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月4日から引用 世の中の大抵の人は、過去の中を生きております。 子供の時分に親に […]
  • 人が背負う価値観について人が背負う価値観について ☆ね年…子供が仲良く遊ぶ象。何事も邪心なくして喜び多し 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月5日から引用 人と人は、謀り事なくまっさらな状態で接し合うことが出来れば、お互いがお互いを優しさで包み合う […]
  • 発する言葉に気を付ける発する言葉に気を付ける ☆いぬ年…仁丹を噛みて口中爽やか。本日は良き言葉を出して吉日なる 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月3日から引用 人の口というのは、日々汚れてしまうものであります。 思い返して頂きたいのです […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村