2018解説

物事が順調であるとき。その運気を逃さないために

☆たつ年…順風吹きて帆は益々膨らむ。諸事順調に運ぶ

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月30日から引用

人生には、物事が順調に進む時というのがあります。

追い風が吹き、とても順調すぎて怖いくらいのこともあるでしょう。

さて、その順調な物事を確実に成功させるために出来ることは、なんでしょうか。

それは、決して気を弛ませないということ。

人は、とかく、順調な時、特に成功した時に気が弛んでしまうもの。

ようやく事が成ったことに対して、安堵感と解放感によって、気が大きくなることもあるでしょう。

しかし、それこそが、失敗の種となります。成功した時こそ、尚更に気を引き締めること。

気の弛みは、運の弛み。

順調に気を許すことなく、確実に事を為していくことで、運気を逃すこともなくなるでしょう。

今、変わるとき。