2018解説

相手との距離感・関係性について

☆うし年…おべっかを言う者に用心せよ。人の悪口を言う者も避けるべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月27日から引用

人と人の付き合い方について。

お世辞を言い、持ち上げることで寄り添おうとする。もしくは、共通の認識を持ちかけ、仲間意識を持とうとする。

それらは、人が人に諂う行動。そうして近付いてくる人と話しをしても、お互いに有意義な発展性のある会話には成りづらいでしょう。

人と人は、そのままで接するべきです。

わざわざ遜る必要はありません。遜るということは、結局のところ相手のためではなく、自分が相手に良く思われたいという結果。

そういった浅ましさというのは、相手に伝わりますし、そうして出来た関係性は、それ以上の関係には成り得ないでしょう。

人と人の豊かな交友のためにも、お互いを認め合える関係性を築きたいもの。

そのためにも、自分自身を偽らず、相手を偽らず、ありのままで接してまいりましょう。