執着と錯覚から離れる時、苦しみは去っていく

☆う年…あらゆる苦しみは欲楽に頓着するところより生ずる

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月17日から引用

人が生きていくということは、苦しいことです。人には、解決が出来ない苦しみがあり、それから逃れる術を知りません。

さて、その苦しみですが、すべては執着心と錯覚から起こっております。物事に対して、移り変わっていくということに執着しなければ、大抵の悩みは悩みではなくなるでしょう。自分がこだわっていることは、そう思いたいだけの錯覚だと分かれば、必要以上にこだわることもなくなるでしょう。

しかし、なかなか人は物事に対する勘違いと、執着を無くすことはできません。それは、変化するということに対する畏怖の心があるからです。

自分が変わっていくこと、周りが変わっていくこと、世界が変わっていくこと、それらは、受け入れがたい事実の場合が多いでしょう。

人は、常に自分の今と過去を肯定しなければ、生きていき難いのです。肯定するということは、変わらない自分・世界に対して執着しているということに繋がります。

人は一方では、現状を好転させたいと思いながらも、一方では、懸命に過去の自分に執着し肯定している。これでは、変わりようがありません。

自分の心の問題は、自分で解決していく他ありません。一つ一つ、自分がとらわれているこだわりを紐解き、執着から離れていく以外、苦しみと不変の毎日から逃れる術はないのです。

本日より、変わるとき。

他の解説を読む

  • この世で学ぶべきものこの世で学ぶべきもの ☆うま年…動かぬ雲、止まる水の如く心を固くする事なかれ。常に動くものなり 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月28日から引用 蒼空を見上げれば、白き雲が悠々と泳ぎ、大地を見下ろせば、水がさらさらと […]
  • 争わないという選択争わないという選択 ☆たつ年…君子が山に隠れる象なり。争わず逃れて吉なり 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月26日から引用 世の中には、多種多様な人が生きております。 温厚な人が在れば、気性の激しい人も在るで […]
  • 変わる変わらないの意識変わる変わらないの意識 ☆み年…思いきって手放せば心に解放感ありて爽やかな風が吹く 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月27日から引用 生きておりますと、様々な状況に置かれることがあります。 毎日の変わらない日常か […]
  • 価値観と心の芯について価値観と心の芯について ☆う年…弓は的を射るものと思うが、実は心を射るものである 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月25日から引用 人には、各々が持ち合わせている価値観があります。 その人らしさ、というのは、どの […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村