執着と錯覚から離れる時、苦しみは去っていく

☆う年…あらゆる苦しみは欲楽に頓着するところより生ずる

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月17日から引用

人が生きていくということは、苦しいことです。人には、解決が出来ない苦しみがあり、それから逃れる術を知りません。

さて、その苦しみですが、すべては執着心と錯覚から起こっております。物事に対して、移り変わっていくということに執着しなければ、大抵の悩みは悩みではなくなるでしょう。自分がこだわっていることは、そう思いたいだけの錯覚だと分かれば、必要以上にこだわることもなくなるでしょう。

しかし、なかなか人は物事に対する勘違いと、執着を無くすことはできません。それは、変化するということに対する畏怖の心があるからです。

自分が変わっていくこと、周りが変わっていくこと、世界が変わっていくこと、それらは、受け入れがたい事実の場合が多いでしょう。

人は、常に自分の今と過去を肯定しなければ、生きていき難いのです。肯定するということは、変わらない自分・世界に対して執着しているということに繋がります。

人は一方では、現状を好転させたいと思いながらも、一方では、懸命に過去の自分に執着し肯定している。これでは、変わりようがありません。

自分の心の問題は、自分で解決していく他ありません。一つ一つ、自分がとらわれているこだわりを紐解き、執着から離れていく以外、苦しみと不変の毎日から逃れる術はないのです。

本日より、変わるとき。

他の解説を読む

  • 本分を知る本分を知る ☆うし年…仁者は静かなり。世の中の変動にも心を動かさず、自己の本分を守れ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月24日から引用 自分の成すべき本分について、気付いている方は多くはないかもしれません。 […]
  • 自分自身を愛することの重要性について自分自身を愛することの重要性について ☆い年…我は天下一品の者と愛すれば他人も愛を以て迎えてくれる 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月22日から引用 自分自身のことについて、好きだと思う人がいれば、嫌いだと思う人もいるでしょう。 […]
  • 強さ・弱さを履き違えないように強さ・弱さを履き違えないように ☆ね年…松柏の下では弱い草は成長しない。上の者が強すぎれば部下は育たず 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月23日から引用 人の強さとは、一体なんでしょうか。 意志が強い、我が強い、押しが強 […]
  • 人が日々行っている勝負について人が日々行っている勝負について ☆いぬ年…人は勝負を好むけれど勝負は苦悩の連続。本日は勝負を離れよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年10月21日から引用 私たちは、この社会で生きていくとき、また他者と接しているとき、どうしても物事 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村