自分の認識によって作られた世界からの脱却を試みる日

☆とら年…毎日が一生に一度の出会い。今日の御縁を疎かにせずして大吉

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月16日から引用

毎日、同じリズムで生活しておりますと、いつも同じことを繰り返しているような錯覚の中にいるかもしれません。

単調な日々の中で、変化を求めながらも、何も変わらない毎日に対して、どこかで安心感を覚えていませんか。

さて、昨日と今日の自分は、本当に同じ自分ですか。毎日同じことを繰り返していたとしても、それらは同じ日ではないでしょう。自分も然り。

結局のところ、変わらない自分、変わらない日々というのは、自分の認識によって作られた、架空の現実なのです。変わっていく日々・自分を、同じだと思い込みたいのです。そうやって、過去の世界・自分を肯定しながら生きているのです。

実際は、今この瞬間は一度しかなく、今この瞬間の自分は、今だけのもの。同じ日々は二度となく、自分は常に変化しております。

二度とない今この瞬間を豊かなものにするのは、自分の感性によってのみ。同じ日々だという認識を捨て、大切な今と向き合う姿勢があれば、違う世界、違う自分が見えてきます。

世界を狭めるも広げるも自分次第。今日という日に感謝をして、一期一会を楽しんでまいりましょう。

一期一会の楽しさを知って

他の解説を読む

  • 影響力とはどういった力なのか影響力とはどういった力なのか ☆ね年…万人が心を異にすれば一人の用も達せず。調和を心がけよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月24日から引用 優れた人物には、一つの特徴があります。 特に、この世の中で物事を成していく、世 […]
  • 仕事の成功の可否を握るもの仕事の成功の可否を握るもの ☆いぬ年…百日の労、一日の楽。苦労した日が続いた後に本当の楽日を迎えると知れ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月22日から引用 仕事の成果というのは、働けば働くだけ伸びるというものではなく、時には […]
  • 五官の楽しみとは何か五官の楽しみとは何か ☆い年…晴れた日に石庭を眺めて無音の音を聴き精神爽快 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月23日から引用 俗世で生きておりますと、日々さまざまな刺激にさらされることになります。 家の中でも、街 […]
  • 私という個からの解脱私という個からの解脱 ☆とり年…悟るという事は主体が転換する事。相手の身になる事が肝心 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月21日から引用 人が生きるとは、学んでいくということ。 人は、世界の真実と向き合おうとした […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村