自分の認識によって作られた世界からの脱却を試みる日

☆とら年…毎日が一生に一度の出会い。今日の御縁を疎かにせずして大吉

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月16日から引用

毎日、同じリズムで生活しておりますと、いつも同じことを繰り返しているような錯覚の中にいるかもしれません。

単調な日々の中で、変化を求めながらも、何も変わらない毎日に対して、どこかで安心感を覚えていませんか。

さて、昨日と今日の自分は、本当に同じ自分ですか。毎日同じことを繰り返していたとしても、それらは同じ日ではないでしょう。自分も然り。

結局のところ、変わらない自分、変わらない日々というのは、自分の認識によって作られた、架空の現実なのです。変わっていく日々・自分を、同じだと思い込みたいのです。そうやって、過去の世界・自分を肯定しながら生きているのです。

実際は、今この瞬間は一度しかなく、今この瞬間の自分は、今だけのもの。同じ日々は二度となく、自分は常に変化しております。

二度とない今この瞬間を豊かなものにするのは、自分の感性によってのみ。同じ日々だという認識を捨て、大切な今と向き合う姿勢があれば、違う世界、違う自分が見えてきます。

世界を狭めるも広げるも自分次第。今日という日に感謝をして、一期一会を楽しんでまいりましょう。

一期一会の楽しさを知って

他の解説を読む

  • 人生は、変えてもらうものではない、変えていくものである人生は、変えてもらうものではない、変えていくものである ☆さる年…平等と自由は約束できず。容易く約束する者を信頼するな 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月24日から引用 公の指導者が掲げる目標として、平等や自由を謳うことはあるかもしれません。 […]
  • 起こるべくして起こるのが人生起こるべくして起こるのが人生 ☆うま年…才覚の花も不運に散りやすし。時期を待つべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月22日から引用 人生に起きることは、すべて起こるべくして起きています。 自分が望む望まないに関わらず […]
  • 夢と現実の捉え方夢と現実の捉え方 ☆ひつじ年…現実の外に夢はない。夢の外に現実はない 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月23日から引用 みなさま、叶えたい夢はありますか。 今、その夢を想ったとき、自分の現状の上で夢の実現が […]
  • 良心が執着にならぬように良心が執着にならぬように ☆み年…病的なほどの良心は臆病となりて前進を遮る 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月21日から引用 自分の親しい人には幸せになってもらいたい、それは多くの人が想えることでしょう。 特に、家 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村