物事が変わるための力は、自分を諦めない力である

☆うし年…塩は地面上では目立たぬが生命を活発にする。大衆の中で見えぬとも善を為すべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月15日から引用

物事を、善たらしめるものは何か。それは、一人一人の良識であります。どんな物事であっても、それを善にするか、悪にするか、携わる人の質により、変わってまいります。

どんなに一般的に良いことと言われる物事であっても、それを実行している人たちが企みを持ち、その物を利用しているだけならば、それは結局のところ、この世の中に悪い種を撒くような行動にしかならないでしょう。

物事の質を決めるのは、それを実行する者の質による。そしてそれは、一人の力でも質感を変えることが出来る可能性を秘めております。

それぞれの人の中にある、良識に働きかけるのです。誰の心の中にも、正しさに気付くことの出来る本質があります。

一人の良識ある行動によって出来たうねりは、物事全体に波及していく。だからこそ、自分を諦めぬように。

他の解説を読む

  • 慎む心を知る慎む心を知る ☆い年…身を慎む、口を慎む、心を慎む。楽しい時には気づかぬもの 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月27日から引用 自分の行動を慎むこと、これは自分自身にしか出来ないことです。 ときには、本 […]
  • 人生における出来事、人々を考える人生における出来事、人々を考える ☆とり年…人をバカにすれば人からバカにされる。人は写し鏡と知れ 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月25日から引用 人生には、起こる必要のあることしか起きません。 しかし、その人生において必 […]
  • 正しい信仰とは何か正しい信仰とは何か ☆いぬ年…南無の心は彼岸にあるのではない。毎日の行いに宿る 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月26日から引用 人には、人それぞれの信仰心があります。 それは宗教という括りではなく、その人の […]
  • 人生は、変えてもらうものではない、変えていくものである人生は、変えてもらうものではない、変えていくものである ☆さる年…平等と自由は約束できず。容易く約束する者を信頼するな 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月24日から引用 公の指導者が掲げる目標として、平等や自由を謳うことはあるかもしれません。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村