物事が変わるための力は、自分を諦めない力である

☆うし年…塩は地面上では目立たぬが生命を活発にする。大衆の中で見えぬとも善を為すべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月15日から引用

物事を、善たらしめるものは何か。それは、一人一人の良識であります。どんな物事であっても、それを善にするか、悪にするか、携わる人の質により、変わってまいります。

どんなに一般的に良いことと言われる物事であっても、それを実行している人たちが企みを持ち、その物を利用しているだけならば、それは結局のところ、この世の中に悪い種を撒くような行動にしかならないでしょう。

物事の質を決めるのは、それを実行する者の質による。そしてそれは、一人の力でも質感を変えることが出来る可能性を秘めております。

それぞれの人の中にある、良識に働きかけるのです。誰の心の中にも、正しさに気付くことの出来る本質があります。

一人の良識ある行動によって出来たうねりは、物事全体に波及していく。だからこそ、自分を諦めぬように。

他の解説を読む

  • 影響力とはどういった力なのか影響力とはどういった力なのか ☆ね年…万人が心を異にすれば一人の用も達せず。調和を心がけよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月24日から引用 優れた人物には、一つの特徴があります。 特に、この世の中で物事を成していく、世 […]
  • 仕事の成功の可否を握るもの仕事の成功の可否を握るもの ☆いぬ年…百日の労、一日の楽。苦労した日が続いた後に本当の楽日を迎えると知れ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月22日から引用 仕事の成果というのは、働けば働くだけ伸びるというものではなく、時には […]
  • 五官の楽しみとは何か五官の楽しみとは何か ☆い年…晴れた日に石庭を眺めて無音の音を聴き精神爽快 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月23日から引用 俗世で生きておりますと、日々さまざまな刺激にさらされることになります。 家の中でも、街 […]
  • 私という個からの解脱私という個からの解脱 ☆とり年…悟るという事は主体が転換する事。相手の身になる事が肝心 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月21日から引用 人が生きるとは、学んでいくということ。 人は、世界の真実と向き合おうとした […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村