物事が変わるための力は、自分を諦めない力である

☆うし年…塩は地面上では目立たぬが生命を活発にする。大衆の中で見えぬとも善を為すべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月15日から引用

物事を、善たらしめるものは何か。それは、一人一人の良識であります。どんな物事であっても、それを善にするか、悪にするか、携わる人の質により、変わってまいります。

どんなに一般的に良いことと言われる物事であっても、それを実行している人たちが企みを持ち、その物を利用しているだけならば、それは結局のところ、この世の中に悪い種を撒くような行動にしかならないでしょう。

物事の質を決めるのは、それを実行する者の質による。そしてそれは、一人の力でも質感を変えることが出来る可能性を秘めております。

それぞれの人の中にある、良識に働きかけるのです。誰の心の中にも、正しさに気付くことの出来る本質があります。

一人の良識ある行動によって出来たうねりは、物事全体に波及していく。だからこそ、自分を諦めぬように。

他の解説を読む

  • 仕事の本質を見つめる仕事の本質を見つめる ☆とり年…悪銭は身に付かず。道に適わぬ事を為さず忍耐して吉なる 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月22日から引用 みなさま、お仕事をされているかと思います。 仕事に対する想いというのは人それ […]
  • 苦しい人生、変わらない人生の中で苦しい人生、変わらない人生の中で ☆ひつじ年…苦楽は心の持ち方次第。心を明るく持ちて生涯安楽なり 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月20日から引用 人生はとても苦しい、それは誰もが感じていることかと思います。 もしも全く感じ […]
  • 困難に立ち向かうための妙法とは困難に立ち向かうための妙法とは ☆さる年…峠の一本松は枝を曲げて風に随う。困難に処する妙法 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月21日から引用 人生において、困難の壁に当たったとき、どう対象すべきなのか。 切り抜けるべき方法 […]
  • いつまでも満たされない心とはいつまでも満たされない心とは ☆うま年…素朴を好み、利口ぶるのを止めよ。心は平安なる 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月19日から引用 人が抱いてしまう想いの中に、「人よりも」というものがあります。 人よりも良い暮らしが […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村