何かを為そうと思ったら、今、変わらなくてはなりません

☆ね年…今日に何も為さねば明日も変わらず。一日を懸命に過ごすべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月14日から引用

何かを為すこと、新しい自分になることというのに、特別な条件は必要ありません。

お金がなければ、立場がなければ、もう少し経ってから、もう少し年をとってから、それらは、今、この瞬間に変わることのできない言い訳でしかないのです。

自分を変えることは、とても難しいこと。過去の自分を認めたい心が働き、今までの自分に対する執着があるため、人はなかなか変わることができません。今までの自分を手放したくないのです。

しかし、今までの自分のままでいたら、変わることなど、到底叶わないでしょう。

何かを為そうと思ったら、今までの自分の流れではない、新しい自分にならなくてはいけません。

その踏み出す一歩がなければ、明日も明後日も、ずっと変わることなど出来ないのです。

意志のある一歩は、未来の扉へと繋がっております。本日、変わるとき。

他の解説を読む

  • 物事の原点に立ち帰るとき物事の原点に立ち帰るとき ☆たつ年…人の智恵のみで解決できる問題は知れている。自然に学ぶべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月28日から引用 人の営みについて、自然と共に生きていた時代は終わり、文明社会へとなりました。 […]
  • 物事に向き合うことの大切さ物事に向き合うことの大切さ ☆とら年…一事に徹せざれば万事に徹せず。散乱心を慎め 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月26日から引用 我々がしてしまう言い訳の中に、場所や相手、時間が違えば出来るのに、というものがあります。 […]
  • 変わらないのも自分、変わるのも自分変わらないのも自分、変わるのも自分 ☆う年…勝手に名前を与えて型にはめている。頭を柔らかくせよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月27日から引用 人が物事の価値を定めるとき、世間や他人の価値観に評価を委ねてしまうことが多々ありますが […]
  • 慢心に気付く慢心に気付く ☆うし年…利口と思うほど慢心が強い。大きな失敗をする 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月25日から引用 人はとかく、自分のことばかりを考えて慢心してしまう傾向があります。 これは特別なことで […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村