合理的・効率的の先に、望む幸せはあるのか

☆いぬ年…茶を飲みて名庭を眺めよ。腹立ち事も消える吉日

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月12日から引用

何事にも腹が立ってしまう方、すぐに苛立ってしまう方、その原因は、合理的や、効率的を求める心にあります。

自分の考えが絶対的に正しいとして、他者や組織、社会に対して、自分の価値観の押し付けとなる合理性を求める心、効率を優先する姿勢によって、日々心は落ち着かないのです。

他者や組織、社会の在り方について、求める認識を改めるとき。そして、自分が本当に求めているものに気付くときです。

自分が求めているものは、合理的で効率的な世の中でしょうか。それはそれで物事の流れがスムーズかもしれませんが、物事の味わいや、深みというものを感じることは出来ないでしょう。

この世の面白みの真髄は、静けさの深みの中にあります。作られた社会の枠組みの中で、合理的効率的を求めて切磋琢磨し、気を張り詰めていては、気付くことのできないこと。

ペットボトルのお茶ではなく、丁寧に淹れたお茶の美味しさに気付くことができれば、この世の美しさに出会うことができるでしょう。

心静かにして、世の感応を得る。

他の解説を読む

  • 当たり前にどれだけ感謝できるか当たり前にどれだけ感謝できるか ☆み年…何事も素直に受け取り、感謝を捧げるべし。されば天下無敵 東京新聞TOKYO Web 平成30年4月19日から引用 この世に生きているということは、生かされているということ。今日もこうして過ごせてい […]
  • 執着と錯覚から離れる時、苦しみは去っていく執着と錯覚から離れる時、苦しみは去っていく ☆う年…あらゆる苦しみは欲楽に頓着するところより生ずる 東京新聞TOKYO Web 平成30年4月17日から引用 人が生きていくということは、苦しいことです。人には、解決が出来ない苦しみがあり、それから逃 […]
  • 目の前の厳しさの中にあるものは何か 乗り越えるために目の前の厳しさの中にあるものは何か 乗り越えるために ☆たつ年…厳しさの中に愛情があったと気づく日。発想を転換せよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年4月18日から引用 人から指導を受けるとき、一見すると理不尽なことや、納得のいかないこともあるでしょう。 […]
  • 自分の認識によって作られた世界からの脱却を試みる日自分の認識によって作られた世界からの脱却を試みる日 ☆とら年…毎日が一生に一度の出会い。今日の御縁を疎かにせずして大吉 東京新聞TOKYO Web 平成30年4月16日から引用 毎日、同じリズムで生活しておりますと、いつも同じことを繰り返しているような錯覚 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村