自分の運気が昇っていくとき、気をつけるべきこととは何か

☆とり年…帆に追い風来りて順風満帆。短気を慎みて順運なる

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月11日から引用

物事が順調に進んでいる時に気をつけなければならないことがございます。それは、気が逸る気持ちを抑えるということ。

人生において、今までにないような流れが起こり、それによって日々が変わっていく時、人の心には、好転を楽しみ、更なる展開を望む心が生まれてきます。次に何が起こるのか、なまじ分かるために、気が急いてしまうこともあるでしょう。

気持ちは長く穏やかに持っていなければなりません。急いた気持ち、望む気持ちというのは、人の心を露呈させ、物事の新たな展開の妨げとなることがあるでしょう。

結局のところ、自分の運気の昇降は、自分次第で大きく変わっていくということ。だからこそ、自分の心の動きについて、敏感でなければなりません。

物事が順調であればあるほど、穏やかで冷静で在ることに努めること。大切な好機を逃さないために、好機だからこそ実践してまいりましょう。

他の解説を読む

  • 物事と関わる際の言動について物事と関わる際の言動について ☆ひつじ年…少しでも誘惑の歯車に挟まれたら抜けられず。色欲に注意 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月14日から引用 物事というものは、認識をするだけでなく、意識を向けて行動に移すことで、関わりを持 […]
  • 他者との関わりを誤らぬように他者との関わりを誤らぬように ☆み年…人が背こうとも自らは人に背かぬ様に。腹立つ事あるが成長の基とせよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月12日から引用 人が生きるとは、他者と関わるということ。 一人で生きているような気 […]
  • 移り変わりを知り、執着から離るる日移り変わりを知り、執着から離るる日 ☆うま年…午前曇って後に晴れるような、だんだん吉運に向う日 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月13日から引用 人生において、運気というものは常に上がり続ける、という訳にはまいりません。 何事 […]
  • 良心の声に耳を傾ける良心の声に耳を傾ける ☆たつ年…心中の霊光を受ければ欲念退散。静座して心を落ち着けよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月11日から引用 古来より、人にはそれぞれ良心があるとされてきました。 良心とは個人の道徳的意 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村