整えるということで生まれる余白について

☆さる年…姿や形をよく整えるべし。整理整頓して吉が舞い来る

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月10日から引用

雑然とした空間というのは、人間にとって居心地の良くないもの。それは、人間以外にとってもそうです。良いエネルギーというのも、整った余白のある空間にしか降りてくることは出来ません。

部屋を片付け整える、掃除を行き届かせるというのは、調えるということ。部屋に程よい空白が生まれることは、良いエネルギーと人間の空白を合わせる作業、日頃から、整えることを意識するように。

しかし、ここで注意しなければならないのは、こだわり偏り過ぎてはいけないということ。潔癖という言葉がありますが、過度に針が振れた状態というのは、心の余白を狭めることになります。

片付けに必要なのは、こだわりや偏りを捨てるということ。多く物が在りすぎる状態から、今必要な物だけを選ぶことも、大切な作業だということを忘れないように。

空間に生まれた余白によって、心に余白が生まれ、そこでは今までにない創造力が生まれ、物事を好転させていくことでしょう。

他の解説を読む

  • 変わらないことへの不安について変わらないことへの不安について ☆とら年…生まれる環境は選べぬ。悩みても骨折り損となり易し 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月19日から引用 人は、生まれてから、その環境を選び直すことはできません。 どんなに自分にとって悩 […]
  • 変わるべきは自分である変わるべきは自分である ☆ね年…心に大いなる願望あれば小事は目に留まらず 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月17日から引用 物事が上手く運ばない時、日々の生活がどうしようもなくくだらなくて退屈に思える時もあるでしょう。 […]
  • 物事へのこだわりと抵抗を手放す物事へのこだわりと抵抗を手放す ☆うし年…時を止めた者はいない。変化を恐れる事なかれ 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月18日から引用 時が止まることはありません。 幸せの絶頂であっても、絶望の淵であっても、必ず時は流れ、 […]
  • 本気で生きるということ本気で生きるということ ☆い年…己の私欲に勝つ工夫は瞬時も怠ってはならぬもの 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月16日から引用 人というのは、なかなか自分が思うようには生きていけません。 何かを志しても、つい別のこ […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村