整えるということで生まれる余白について

☆さる年…姿や形をよく整えるべし。整理整頓して吉が舞い来る

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月10日から引用

雑然とした空間というのは、人間にとって居心地の良くないもの。それは、人間以外にとってもそうです。良いエネルギーというのも、整った余白のある空間にしか降りてくることは出来ません。

部屋を片付け整える、掃除を行き届かせるというのは、調えるということ。部屋に程よい空白が生まれることは、良いエネルギーと人間の空白を合わせる作業、日頃から、整えることを意識するように。

しかし、ここで注意しなければならないのは、こだわり偏り過ぎてはいけないということ。潔癖という言葉がありますが、過度に針が振れた状態というのは、心の余白を狭めることになります。

片付けに必要なのは、こだわりや偏りを捨てるということ。多く物が在りすぎる状態から、今必要な物だけを選ぶことも、大切な作業だということを忘れないように。

空間に生まれた余白によって、心に余白が生まれ、そこでは今までにない創造力が生まれ、物事を好転させていくことでしょう。

他の解説を読む

  • 生きる視点を変える日生きる視点を変える日 ☆とり年…身を低くして空の高さを知る。謙なる心は天地正大に目覚める 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月31日から引用 私たちは日頃、自分の思い込みの中を生きております。 何事も分かった気に […]
  • 明けない夜はない明けない夜はない ☆ひつじ年…東の空に日が昇りて暖かき意。順風なる吉日 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月29日から引用 どんなに苦しくても、どんなに悲しくても、朝になれば、東の空から日は昇ります。 どんな […]
  • 余白に降り立つ吉運かな余白に降り立つ吉運かな ☆さる年…物事整理して心機一転。何事も吉に向かうかな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月30日から引用 みなさま、年末の大掃除はされましたか。 これから掃除をする、という方も多くいらっしゃ […]
  • この世で学ぶべきものこの世で学ぶべきもの ☆うま年…動かぬ雲、止まる水の如く心を固くする事なかれ。常に動くものなり 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月28日から引用 蒼空を見上げれば、白き雲が悠々と泳ぎ、大地を見下ろせば、水がさらさらと […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村