整えるということで生まれる余白について

☆さる年…姿や形をよく整えるべし。整理整頓して吉が舞い来る

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月10日から引用

雑然とした空間というのは、人間にとって居心地の良くないもの。それは、人間以外にとってもそうです。良いエネルギーというのも、整った余白のある空間にしか降りてくることは出来ません。

部屋を片付け整える、掃除を行き届かせるというのは、調えるということ。部屋に程よい空白が生まれることは、良いエネルギーと人間の空白を合わせる作業、日頃から、整えることを意識するように。

しかし、ここで注意しなければならないのは、こだわり偏り過ぎてはいけないということ。潔癖という言葉がありますが、過度に針が振れた状態というのは、心の余白を狭めることになります。

片付けに必要なのは、こだわりや偏りを捨てるということ。多く物が在りすぎる状態から、今必要な物だけを選ぶことも、大切な作業だということを忘れないように。

空間に生まれた余白によって、心に余白が生まれ、そこでは今までにない創造力が生まれ、物事を好転させていくことでしょう。

他の解説を読む

  • 当たり前にどれだけ感謝できるか当たり前にどれだけ感謝できるか ☆み年…何事も素直に受け取り、感謝を捧げるべし。されば天下無敵 東京新聞TOKYO Web 平成30年4月19日から引用 この世に生きているということは、生かされているということ。今日もこうして過ごせてい […]
  • 執着と錯覚から離れる時、苦しみは去っていく執着と錯覚から離れる時、苦しみは去っていく ☆う年…あらゆる苦しみは欲楽に頓着するところより生ずる 東京新聞TOKYO Web 平成30年4月17日から引用 人が生きていくということは、苦しいことです。人には、解決が出来ない苦しみがあり、それから逃 […]
  • 目の前の厳しさの中にあるものは何か 乗り越えるために目の前の厳しさの中にあるものは何か 乗り越えるために ☆たつ年…厳しさの中に愛情があったと気づく日。発想を転換せよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年4月18日から引用 人から指導を受けるとき、一見すると理不尽なことや、納得のいかないこともあるでしょう。 […]
  • 自分の認識によって作られた世界からの脱却を試みる日自分の認識によって作られた世界からの脱却を試みる日 ☆とら年…毎日が一生に一度の出会い。今日の御縁を疎かにせずして大吉 東京新聞TOKYO Web 平成30年4月16日から引用 毎日、同じリズムで生活しておりますと、いつも同じことを繰り返しているような錯覚 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村