手を合わせる行為の大切さを再認識する日

☆ひつじ年…合掌を忘れぬ様に。合掌は尊重心を生む

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月9日から引用

この世の中には、理屈や感情、しがらみを超えた行為がございます。

その一つが、手を合わせるということ。企みを以てすることはいけませんが、それ以外、どのような感情を抱いていても、しがらみがあっても、手を合わせることで、心静かになれるもの。

手を合わせる行為とは、感謝の姿なのです。日頃からなかなか表立ってできない感謝の表現も、手を合わせることで伝わってまいります。対象に伝わるのはもちろんですが、自分の心にも、感謝の念は伝わっていくのです。

大切なことは、その行為自体に邪な気持ちを抱かないこと。こうしておけばいいという気持ちや、人の手を合わせてる姿を軽侮することは、自分の心を汚していきます。

忘れてはならない感謝の姿、手を合わせ、頭を下げる、そのことが出来るだけで、自分の心の色合いは変わっていくことでしょう。

他の解説を読む

  • 物事と関わる際の言動について物事と関わる際の言動について ☆ひつじ年…少しでも誘惑の歯車に挟まれたら抜けられず。色欲に注意 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月14日から引用 物事というものは、認識をするだけでなく、意識を向けて行動に移すことで、関わりを持 […]
  • 他者との関わりを誤らぬように他者との関わりを誤らぬように ☆み年…人が背こうとも自らは人に背かぬ様に。腹立つ事あるが成長の基とせよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月12日から引用 人が生きるとは、他者と関わるということ。 一人で生きているような気 […]
  • 移り変わりを知り、執着から離るる日移り変わりを知り、執着から離るる日 ☆うま年…午前曇って後に晴れるような、だんだん吉運に向う日 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月13日から引用 人生において、運気というものは常に上がり続ける、という訳にはまいりません。 何事 […]
  • 良心の声に耳を傾ける良心の声に耳を傾ける ☆たつ年…心中の霊光を受ければ欲念退散。静座して心を落ち着けよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月11日から引用 古来より、人にはそれぞれ良心があるとされてきました。 良心とは個人の道徳的意 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村