手を合わせる行為の大切さを再認識する日

☆ひつじ年…合掌を忘れぬ様に。合掌は尊重心を生む

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月9日から引用

この世の中には、理屈や感情、しがらみを超えた行為がございます。

その一つが、手を合わせるということ。企みを以てすることはいけませんが、それ以外、どのような感情を抱いていても、しがらみがあっても、手を合わせることで、心静かになれるもの。

手を合わせる行為とは、感謝の姿なのです。日頃からなかなか表立ってできない感謝の表現も、手を合わせることで伝わってまいります。対象に伝わるのはもちろんですが、自分の心にも、感謝の念は伝わっていくのです。

大切なことは、その行為自体に邪な気持ちを抱かないこと。こうしておけばいいという気持ちや、人の手を合わせてる姿を軽侮することは、自分の心を汚していきます。

忘れてはならない感謝の姿、手を合わせ、頭を下げる、そのことが出来るだけで、自分の心の色合いは変わっていくことでしょう。

他の解説を読む

  • 本気で生きるということ本気で生きるということ ☆い年…己の私欲に勝つ工夫は瞬時も怠ってはならぬもの 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月16日から引用 人というのは、なかなか自分が思うようには生きていけません。 何かを志しても、つい別のこ […]
  • 幸せの恵みを受けるとは幸せの恵みを受けるとは ☆とり年…幸福は求めるものではなく喜びの心を養えば自ずと訪れるもの 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月14日から引用 人が幸福を感じるというのは、完全に心の受け取り方の問題です。 どんな状況 […]
  • 永遠とは、どこにあるのか永遠とは、どこにあるのか ☆いぬ年…永遠とは遥か先にあらず。今ここのその時にあり 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月15日から引用 時間という概念について、どのようにお考えでしょうか。 時間というのは、この世界に流れ […]
  • 問題の所在を間違えぬように問題の所在を間違えぬように ☆さる年…自己の欠点に厳格であり、他人の欠点に寛大であれ 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月13日から引用 みなさま、自分の人生・自分の計画が上手くいかないことの要因を、何だとお考えでしょうか。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村