2018解説

この世の中で正しさを全うする上での心構えについて

☆ね年…智は円かに、行いは方正にして順々と開運

東京新聞TOKYO Web
平成30年4月2日から引用

智慧の本質というのは、曇り無き一実の正しさのことですが、その智慧が人を通り表現されるとき、そこに穏やかさがなくてはいけません。

優しくある必要はないですが、心の中は、常に凪のように穏やかであるということ。

正しさを実行していく道においては、人や社会とかみ合わないことも多くあることでしょう。

正しさを理解してもらおうとしても、それは他人や社会と共有することが出来ないかもしれません。

しかし、そこで正しいからといって、角のある考えで以て物事を成そうと思っても、事は上手く運ばないでしょう。

自分の心は、常に円か。緩やかに、その円がどこまでも広がっていくように。

正しさの智慧の中において、自分の心はシケることなく、尖ることなく、静かであるということ。

心の穏やかさと、行いの正しさがあれば、自ずと進むべき道が開き、物事は動き出すでしょう。