みなさま神社仏閣へのおまいりはされておりますか  

☆み年…神仏に詣りて他日の御恩を謝す。思わざる吉報あり

東京新聞TOKYO Web
平成30年3月14日から引用

みなさま、日頃から神社仏閣へのおまいりはされておりますか。

神社仏閣で神仏様と向き合うことは、とても良いことです。信仰心の有る無しに関わらず、自分が何を望んでいるのか、よく分かるでしょう。

日本人とは不思議なもので、信仰心がないと日頃から口にしている人であっても、神仏さまに手を合わせると、心に願い事を思い浮かべます。

その願いは、正に今、自分が悩んでいることの解決を願うか、もしくは、浅はかな願望か、志のある強い願いかもしれません。

そこで、自分と向き合う機会をいただけるのです、今の自分という人間が、何を望んでいるのか。

心が乱れて落ち着かないうちは、あれこれ願うか、突拍子もない希望的願望を願うことがあるでしょう。しかし、心が静かになってきますと、本当に自分がどうしたいのか、分かってまいります。

自分がどうしたいのか、分かった時は、それを神仏さまにお願いすればいい、ということではなく、その願いが叶うためのサポートをお願いして、自分でその願いが叶うための、行動を起こしましょう。

願いが叶うとは、自分の変化と活力なしには成り得ません。

そうして、願いが叶ったなら、それは自分の力ではなく、神仏さまにサポートいただいたおかげだと感謝をする。

そうした日々の積み重ねが、確かな自分の道を作っていくのです。

本日、神社仏閣におまいりに行き、日頃の感謝をお伝えするとよいでしょう。自分の心に思わぬ変化がおきて、それが吉に転ずることが、きっとあることでしょう。

他の解説を読む

  • 一生懸命によって苦しんでいる方へ一生懸命によって苦しんでいる方へ ☆うし年…まず自己を信じる事。自己を信じる者を他人も信じる 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月14日から引用 人に信じてもらいたい、説得力を持ちたいと思ったら、言葉を重ねたり、行動を起こす前にすべ […]
  • 自己と他人を隔てている認識に気付く自己と他人を隔てている認識に気付く ☆い年…人生の究極は相手もこちらもない事なり。喜怒を共にすべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月12日から引用 私たちは日頃から、自分という意識と、他者という存在を分けて認識しております。 […]
  • 言葉と動作の説得力について言葉と動作の説得力について ☆ね年…言葉や動作は重んじて厚くするべし。軽ければ信頼なし 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月13日から引用 人の生き様というものは、その人の言葉や動作に表れてまいります。 どういう志を持っ […]
  • 移ろいゆく人生を味わうために、変化の捉え方について移ろいゆく人生を味わうために、変化の捉え方について ☆いぬ年…花落ちて葉が生ずる。自然に任せて難を乗りきれ 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月11日から引用 物事というのは、常に移り変わっております。 自然の四季を見れば、それは明らかなことで […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村