2018解説

過去の出来事のとらえかた 後悔ではなく反省をせよ

☆とら年…反省を重ねないと魔の付け入る隙を与えると知るべし

東京新聞TOKYO Web
平成30年3月11日から引用

人は、常に前を向いて生きるべきです。

過去の良い思い出の中に生きることは、よした方がいいでしょう。それは結局、過去の出来事にとらわれているということになり、物事が前進して行きません。

同様に、過去の出来事について、後悔の念で生きることも、よした方がいいでしょう。後悔もまた、その過去の出来事から、離れられない自分となります。

過去のとらわれから離れることは、前へ進む上で必要不可欠なことですが、そこで一つ重要なことがあります。

それは、経験した様々な出来事から、きちんと学びを得るということ。

とらわれないように、ただ考えない、とらわれから離れればいいんだと、何が起きてもなんとかなるという、楽観主義ではいけません。

楽観主義と、とらわれない生き方の違いは、そこに学びがあるかどうかということ。

そのため、過去の出来事について、後悔は必要ありませんが、反省は必要です。

人は、起こる出来事から学んでいくことで、物事が好転していきます。そこに学びがなければ、学ぶことが出来るまで、同じ質感の出来事が続くでしょう。

起こる出来事は、自分を成長させるために起きているもの、そのため、そこに学びがなければ、自ずと物事は停滞してしまう。

そして、停滞してしまった流れは、なかなか動くのは難しい底なし沼のように、あなたを苦しめることになる。

過去に後悔せず、反省をして、それでいてとらわれない生き方、それが人生の妙である。