2018解説

この世は夢の世界 目が醒める出来事は人それぞれ

☆うし年…雷鳴りて夢醒める象。時季の変わり目。運は好転する

東京新聞TOKYO Web
平成30年3月10日から引用

生きておりますと、驚くような出来事に遭遇することがあります。それまでの自分の価値観が大きく変わるような、想像だにしていなかったこと。

それは、万人にとって特別な事ではなく、影が水面に映るような、小鳥がさえずるようなことかもしれません。

その時の自分と、世界の事象がかみ合った時、物事は大きく変容し、見える世界の彩りが変わる。

今の自分は、夢を見ていることを忘れて夢の世界に翻弄されている状態。

気付きがあって初めて目が醒めて、この世界の真実を視るのです。それこそが開運である。