自分が歩んでいる道に迷ったとき、思い返すべきことがある

☆い年…誠から出たものが嘘に終わる事も多し。持続を困難と知る時

東京新聞TOKYO Web
平成30年3月8日から引用

高い志と、確かな決意があれば、人生は前へ進んでいける。どんな困難があっても、決して諦めなければ、道は必ず開けます。

自分の真に従って行動していけば、自ずとやるべきことが見えてくる。そうして先へ進んでいたはずなのに、いつの間にか、当初とは全く違う道を歩んでしまっていることがある。

そこが人としての難しさであり、人としての面白さ。

人の心は、常に移り変わっております。心に限らず、この世界は、常に移り変わるものです。

絶対だと信じていた事柄が、いつの間にか全く違うものになっているかもしれない。この世に、そうでなければいけない絶対的なものはないのです。

さて、人生において先へ先へ進んでいくとき、最も気をつけなければいけないことは、今もまだ始まりと同じ道を歩んでいるかということ。

これは、同じことをしているか、ということではなく、始まりと同じ延長の上にいるか、ということです。

物事は移り変わる、自分のやるべきことも、変化していくこともある、しかし、そうして変化していったとしても、根本の芯の部分は、同じ道である、それがその人の正しい道です。

一方で、物事に固執し、同じことをし続けることが、当初からの同じ道であると、やるべきことにとらわれてしまう時

また、高い志を持って進んできたのに、順風満帆に物事が運び世界が一転したことで、楽しむ方へ道が逸れて行ってしまった時

また、変わらない毎日の中で、どうしたらいいかもがいている時

その時歩んでいる道は、始まりとは違う道になってしまっているかもしれません。

自分にとっての正しき道を歩み続ける、道を逸れずに、また変化を恐れずに進んでいくということの難しい。

迷った時は、立ち返るのです。

自分にとっての真は、何であるのか。

どんな時も、自分の真は、決して変わることはありません。移り変わる世の中であっても、自分の真だけは、変わることはないのです。それは、自分の本質であり、正しい在り方なのです。

迷ったとき、悩んだとき、正しさを指し示してくれるのは、他人ではなく、自分自身の真である。

そのことを忘れないように。

他の解説を読む

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村