過去にとらわれた自分は、我であり感情である

☆う年…記憶の中に我は有り。記憶を整理して事に当たれ

東京新聞TOKYO Web
平成30年2月28日から引用

日々は常に移り変わっております。今、この瞬間も、絶えず過去になってまいります。

過ぎ去った日々は、楽しいこともあれば、辛いこともあったことでしょう。

楽しかった記憶、幸せだった思い出や、順調に物事が運んでいた時のことを思っては、懐旧の念にかかることもあるかもしれません。

さて、人は、その良かった過去、もしくは取り消したいと思うような辛い記憶から、なかなか離れることができません。

いつまでも、その過去の時の中にとらわれてしまい、ずっとその中を生きている人が多くいらっしゃいます。

過去の記憶に住み着くものこそ、とらわれの我であり、感情なのです。

しかし、過去は過去。いつまでも、過去の中に生きる訳にはまいりません。過去にとらわれた毎日は、あなたを先に進めることはないでしょう。

いつまでも過去にとらわれているのでなく、今をしっかりと見据えて、生きていきましょう。

移り変わっていくことは、この世界の常。そのことに抗うことはできないのです。抗えば、抗うだけ、辛くなるのは自分自身。

過去の自分の、良いも悪いも、すべて受け入れているのが、今の自分。受け入れられていないのは、我であり感情です。

自分は、すでに受け入れることが出来ていることに気付く時。

過去のとらわれから離れることで、開かれる世界があるでしょう。

他の解説を読む

  • 本業で生きていくとは、どういうことか本業で生きていくとは、どういうことか ☆ね年…余計な事に身をいれて本業を忘れる者は家族を苦しめる 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月1日から引用 みなさま、自身の本業は何ですか。 おそらく今、自分が働いている職業を想像したかと思 […]
  • 自分に厳しいのと、努力していることは、必ずしもイコールではない自分に厳しいのと、努力していることは、必ずしもイコールではない ☆とり年…叱れば怖気づき、甘えさせればつけあがるのが自分の心 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月30日から引用 もう少しだけ、、後でやるから、、そうした甘えが生じやすいのが、自分の心。 人に […]
  • すべての時を大切に生きることすべての時を大切に生きること ☆い年…星は昼には見えず。日は夜に照らさず。時の重大さを思え 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月31日から引用 これからの未来のことを想像すると、期待と不安を覚えるかもしれません。 過去を思 […]
  • 下座の心得について下座の心得について ☆さる年…白蓮が泥中に咲く意。苦の中に楽あり 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月29日から引用 他の人が誰も選ばないような所に在る。 それは、惨めなことや、追い詰められたということではなく、 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村