計算通りには行かない人生を生きる上での心得

☆うし年…胸算用とそろばん算用。五十歩百歩。算用をやめた時に一歩抜きんでる

東京新聞TOKYO Web
平成30年2月26日から引用

人生は、なかなか計算通りにはいかないもの。

どれほど有能な人の見積もりであっても、何が起こるか分からないのが、この世の中。

しかし、だからこそ面白いとも言えます。

おおよその目安を知っておくのは大切なことのようにも思えますが、頭に頼り過ぎると、感性が活きてこないこともあります。

特に、賢いと言われている人というのは、それなりに物事の運びを考えることが出来るために、何でも型にはめて、過去の事象も参照しながら、物事を固定化しがちです。

しかし、それでは上質には成り得ても、格別なものには成り得ないでしょう。

人の創造性があり、物事の運びの神秘性によって、創り上げられる世界があるということを、忘れてはなりません。

頭に頼り過ぎず、物事を流れに委ねてみるのも、時には必要となるでしょう。

他の解説を読む

  • すべての時を大切に生きることすべての時を大切に生きること ☆い年…星は昼には見えず。日は夜に照らさず。時の重大さを思え 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月31日から引用 これからの未来のことを想像すると、期待と不安を覚えるかもしれません。 過去を思 […]
  • 下座の心得について下座の心得について ☆さる年…白蓮が泥中に咲く意。苦の中に楽あり 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月29日から引用 他の人が誰も選ばないような所に在る。 それは、惨めなことや、追い詰められたということではなく、 […]
  • 自分に厳しいのと、努力していることは、必ずしもイコールではない自分に厳しいのと、努力していることは、必ずしもイコールではない ☆とり年…叱れば怖気づき、甘えさせればつけあがるのが自分の心 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月30日から引用 もう少しだけ、、後でやるから、、そうした甘えが生じやすいのが、自分の心。 人に […]
  • 相手に伝えるということ 共有することの有り難さ相手に伝えるということ 共有することの有り難さ ☆ひつじ年…文章、弁舌共に流暢に汝の心を伝える大吉運日 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月28日から引用 人に何かを伝えたいとき、心の内のどれ程を伝えることが出来るでしょうか。 仮に伝えたい […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村