恥を知る 気付きによって広がる未来

☆い年…恥のない心が一番の恥なり。恥を知りて吉へ向かう

東京新聞TOKYO Web
平成30年2月24日から引用

人が成長・向上していくというのは、自分を知っていくことなしには、成り得ません。

自分がどんな人間であるのか、見つめる勇気がなければ、自分の根本に潜む問題を解決することなど、到底できないでしょう。

さて、人間というのは、そんなに美しいものではありません。皆、心の中では、辛辣で下品な言葉と想いを持ち、自分を棚に上げ、相手を蔑んでいることでしょう。

そこに、恥じらいと気付きがなければ、人は醜いまま、死んでいくのです。

自らの恥を知るという行為は、どんな時でも、心地の良いものではありません。しかし、常に恥を感じる感度なくしては、低俗な世の中で、与えられたものに縋る生き方しか出来なくなります。

下がり続ける社会の価値観に身を委ねるのではなく、自らの崇高な価値観のもと、物事を感じてまいりましょう。

恥を恥と知ることのできる気付きによって、次第に社会の価値観から抜け出し、自らの崇高に向かうことができることでしょう。

大切なことは、自らの感度のもとで、正しく世の中を感じるということ。恥はどこにでも存在し、常に恥の中を生きていると自覚を持って吉へと向かうことでしょう。

他の解説を読む

  • 何が不調で、何が不順なのか 何が不調で、何が不順なのか  ☆うま年…深山にて妙鐘の音を聞く象。不順の内に吉運来る 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月27日から引用 物事は、思い通りにいくことの方が少ない。 何か、事を為そうと思っているとき、順調に物 […]
  • 可能性を生み出すこととは可能性を生み出すこととは ☆たつ年…窓を開けて燦燦たる陽を入れる。前途に光明ありて諸事吉運 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月25日から引用 朝、窓を開けて部屋の空気を入れ換えると、朝にしか知覚することのできない、清々しい […]
  • 物事の順序を見極める物事の順序を見極める ☆み年…故障車を運ぶにまず道を整理しなければならず。失敗起こりがちにて整理整頓を怠るな 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月26日から引用 物事には、順序というものがございます。 日常生活や、 […]
  • 傲慢な人との距離感について傲慢な人との距離感について ☆う年…調子に乗り傲り高ぶっている者にはやや距離を隔てて付き合うが良い 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月24日から引用 人というものは、熱が入ると、周りが見えなくなってしまいがち。 とくに […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村