過去に生きるのでなく、今を生きてまいりましょう

☆さる年…半ば旅程を進みて愉しみ多し。されど旅の終わりを感じて寂しさもある。本日中運日

東京新聞TOKYO Web
平成30年2月21日から引用

時間は常に進んでおり、楽しい時間も、苦しい時間も、やがては終わる時が来ます。

そうして流れてゆく時の中を生きているのだから、過去に生きるのではなく、今を生きたいもの。

人はとかく、過去の中に幸せを求める傾向がございます。過去の楽しかった思い出を胸に、それがあるから生きていけると思っている。

しかし、それは過去にすがり、今から逃げていると同じこと。過去に生きているうちは、今を生きることは出来ません。

どうか、今を生きてまいりましょう。過ぎ去った日に固執してしまうと、身動きがとれなくなってしまいます。

今とは、常に自分自身が向上するためにあること、過去は、さまざまなことを乗り越えてきた自分です。過去に起こったことは、過去の自分に必要だから起こったことであり、今の自分には必要がありません。

今の変化を起こすのは、今を生きる自分である。

過去には感謝をして前を向き、常に今を楽しんで、生きてまいりましょう。

これから先、もっともっと様々なことを経験し、楽しいことも苦しいこともありながら、素晴らしい日々を送る、そんな人生が待っております。

他の解説を読む

  • 家族と夫婦の縁について家族と夫婦の縁について ☆うし年…夫婦は合縁で結ばれしもの。争い易いが互いに敬うべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月22日から引用 人と人の縁というものは、様々な因果のもとに定まっております。 家族や夫婦という […]
  • さまざまな時を経て、さまざまな時を楽しむさまざまな時を経て、さまざまな時を楽しむ ☆い年…人は植物の如く芽を吹き成長しそして枯れると達観すべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月20日から引用 人には、人生において様々な時期がございます。 それは、万人に起こる変化であり、 […]
  • 太陽と共に生きる、人としての在り方について太陽と共に生きる、人としての在り方について ☆ね年…朝寝、夜更かしであって精神が高尚になろうか 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月21日から引用 物事には、道理というものがあります。 人の生き方もまた然り。 人が生きるというのは […]
  • 善行を積むよりも、悪行を積まないことに注力すべし善行を積むよりも、悪行を積まないことに注力すべし ☆いぬ年…大事な機密を他に漏らせば害が起こる。注意すべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年5月19日から引用 口の軽さは、軽薄さであると知りましょう。 人として軽薄だということは、人の信頼を得 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村