2018解説

悩みは選択の多さ故、整理整頓により開運となる

☆うし年…多忙にてまた雑縁多し。一度物事の整理整頓が必要な時かな

東京新聞TOKYO Web
平成30年2月14日から引用

日々の暮らしについて、選択をすることが多ければ多いだけ、忙しいと感じることでしょう。

選択するということは、考えるということ、多くの選択を抱えていては、悩みが多く、1日何も為すことのないまま終わってしまうかもしれません。

実際の環境や、心の中のわだかまりを、一度整理するのがいいでしょう。

本当に自分が得たいものを選択するためにも、暮らしの中から、余計な選択を減らしていくのです。

例えば、洋服を選ぶこと、食べ物を選ぶこと、これらは、自分のベストを見つけて、それだけを選択すればいいのです。それだけでも、悩んだり探したりという手間から解放され、その時間を自分の夢のために充てることができます。

心のわだかまりについても、無理に結論を出すことをやめて、なるようになると、割り切ってしまいましょう。

結論を導くために悩む時間がなくなれば、それだけ未来のことについて考える時間が生まれます。

思考の整理整頓がついてくると、自然と自分の成すべきことが見えてくるものです。日々の時間は、悩み事に使うのではなく、未来の自分のための活動の時間と致しましょう。