2018解説

移り変わるということの捉え方について

☆ね年…春の芽ぶき、秋の味覚が年中となりて心に景色なし

東京新聞TOKYO Web
平成30年2月13日から引用

物事は、移りゆくからこそ、心に残るもの。四季おりおりの景色は、それぞれの季節の違いによって、際立ち色合いが増すのです。

その四季を美しいと感じるのは、その自然の中の暖かさと厳しさを知っているから。

人生も、良いも悪いもさまざまなことが起きるからこそ、豊かな人生となります。

良いことばかりが起きてほしいと思うかもしれませんが、その物事を良いと判断できるのは、良くないと思える物事があるから。

良いこと、悪いことは、自分の感情がその物事を区別しているに過ぎません。そして感情もまた、物事とともに移り変わってゆくのです。

移りゆく物事に対して、良いも悪いも、厳しさも暖かさも、すべてを感じながら、受け入れることができれば、人生は、より豊かで面白味のあるものになるでしょう。

移りゆくということを、表面のみで捉えるのではなく、その物事の持つ深みを知りましょう。