2018解説

幸せになるための条件とは何か

☆とり年…幸福を来るのを待てども幸福は来ぬ。今が幸福なり

東京新聞TOKYO Web
平成30年2月10日から引用

幸せとは、何か特定の状況のことを表すのではなく、一時的な心の状態のことを差します。

例えば、マイホームに美人の奥さんと素直な子供、犬がいる状況が幸せだと思う人がいるかもしれませんが、そういう状況にあっても、幸せと感じない人は大勢いることでしょう。

心が幸せと感じた時が、幸せである状態ですので、幸せとは、心が幸せと思うかどうかだけの話。

人はとかく、自分の幸せについて、幸せになるための条件が足りていないから幸せではないという意識でおりますが、それは願望が叶うことを夢見ているだけ。そんな意識でいたら、幸せになど到底なることはできないでしょう。

人は誰でも、今この瞬間に幸せと感じることができる。今の毎日が変わらなくてもです。

幸せになるためには、条件が必要なのではなく、心がほんの少し、毎日にとらわれることを止めること。心が自由であれば、幸せは自分の中に、また自分の周りに常にあることに気付くことでしょう。

自分自身に対して、胸に手を当てて、ありがとう、と言ってみる。自分が自分を認めるということは、とても幸せなこと。

心が満たされた時、幸せは、いつもそこにあります。