2018解説

智恵を以てすれば、思い遣りの心は届きます

☆さる年…人を愛する仁心と人をよく知る智恵あれば人生に失敗なし

東京新聞TOKYO Web
平成30年2月9日から引用

人と関わり合う中で大切な心は、人を思いやるということ。これは、皆がしているようで、なかなか出来るものではありません。

まるで他者を思いやっているようでいて、すべて自分の為にしている、ということが多々あることでしょう。

また、他者のためになることと思っても行動しても、的を得ていないことも多々あることでしょう。

他者を思いやるには、まずはその気持ちが起こるということが第一。しかし、結果他者のためになることを行動するためには、その相手がどういう状況であるのか、読み取る智恵が必要になってまいります。

智恵により相手の心を読み解き、思いやりの心を以て応えていく。そのことが出来たなら、人の信頼を得て、失敗することはなくなるでしょう。

そういう行動ができるようになった後には、思いやりの先の世界へ、人を導いていくことが出来るようになっていくのです。

人生日々鍛錬、勉めてまいりましょう。