人の道は自分の中にあります

☆う年…学ぶとは、人の道を学ぶのが第一。それを忘れれば国乱れる

東京新聞TOKYO Web
平成31年1月6日から引用

道徳とは難しいもので、人や国が違えば、正しさも異なります。

しかし、絶対的な正しさというものは、確かに存在しております。

その正しさとは、世の中に対してというよりも、自分自身に対して、というべきでしょう。

本当に正しい道とは、自分の魂が望む生き方ができるということ。

この世の中は、物質的な誘惑に満ちています。

五官で感じる悦び然り、無知であるが故に知識を得ることによる悦びも然り。

それらの悦びを感じることもこの世の楽しみではありますが、その悦びだけに目を向けてしまうと、そのうちに自分らしさを見失ってしまいます。

欲を満たすことの悦びを、自分の魂が望んでいることだと勘違いしてしまうこともあるでしょう。

それは、欲が麻薬のように、心身を蝕んでいるに過ぎません。

自分らしくいるためには、アクセルの他にブレーキが必要なのです。

欲をアクセルとするなら、自制がブレーキとして働きます。

それらはどちらも必要な要素であり、うまくバランスをとることで、自分らしく進んでいけるのです。

自分にとっての正しさとは、自制による穏やかで静かな心で以て、欲や願いによる活力を得て、自分が望む経験を得ていくということ。

それが人の道というものです。

自制することの大切さを学びましょう。それが則ち道徳であり、自分を抑え、正しく進むための指針となるでしょう。

 

他の解説を読む

  • 言葉の真実を聞き分ける言葉の真実を聞き分ける ☆み年…甘い酒を呑みすぎて気を失う。甘言甘美に過ぎれば身を崩す 東京新聞TOKYO Web 平成31年3月8日から引用 真実の言葉について。 人の心が動き、世の中を変えうる言葉とは、魂のこもった真実 […]
  • 謙虚であることの自然謙虚であることの自然 ☆う年…頭を低く、他人に尊敬の念あれば脚下に真実をみる 東京新聞TOKYO Web 平成31年3月6日から引用 私達に足りないのは、謙虚な心です。 謙虚を消極的と勘違いされる方がいらっしゃるかもしれ […]
  • 心を広げるということ心を広げるということ ☆たつ年…海上に帆舟浮かびて雅趣あり。芸術方面に良きかな 東京新聞TOKYO Web 平成31年3月7日から引用 趣や風情というのは、心が何かにとらわれていると、なかなか感じられないものです。 例え […]
  • 自分の価値を誰が決めるのか自分の価値を誰が決めるのか ☆とら年…高山木は風雪に耐えて形悪し。高位にこだわれば難多し 東京新聞TOKYO Web 平成31年3月5日から引用 この社会で生きるということは、他人の評価の中で生きているということ。 学校や会社 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村