解説(21日・とら)

☆とら年…豊かな教えに遇えば人生は愉し嬉し。学問によろしきなり

東京新聞TOKYO Web
平成29年4月21日から引用

人は誰しも、自分というフィルターを通して、どうしても偏った見方で世の中を捉えてしまいます。

この世の中には、その偏りを除いてくれる教えが、いたる所にあるのです。

その教えは、もちろん特別な本や人からの教えの中にありますが、例えば友人との会話の中や、新聞の記事の中、テレビタレントの一言の中にも存在しています。

万人にとっての教えではなく、あなたにとって特別な、あなたにだけの教えが、そこにあるのです。

自分の偏りがなくなると、今までと違った世の中が、そこに広がります。

今日は、あなたにとっての特別に、出会える日です。

他の解説を読む

  • 解説(26日・とら)解説(26日・とら) ☆とら年…夫婦にて登山して共同生活を学ぶ。欲少なくして夫婦和合 東京新聞TOKYO Web 平成29年7月26日から引用 人生は、山あり谷ありと、よく表現されますが、楽しいと感じることもあれば苦しいと […]
  • 解説(2日・とら)解説(2日・とら) ☆とら年…二度とない人生だから恩ある人にご無沙汰しないように 東京新聞TOKYO Web 平成29年7月2日から引用 人は、生まれ変わりはしますが、今世は一度きり。人との出会い、起こる出来事、すべては […]
  • 解説(14日・とら)解説(14日・とら) ☆とら年…避けがたい堕落あり。人生の悲しさを乗り越えるべし 東京新聞TOKYO Web 平成29年7月14日から引用 人の苦しみの一つとして、愛別離苦、というものがあります。これは、親愛な人と死別する […]
  • 解説(20日・とら)解説(20日・とら) ☆とら年…疲れたといってあきらめず、小休止を入れて進むに成功あり 東京新聞TOKYO Web 平成29年6月20日から引用 生きておりますと、もうダメだ、もうやめてしまおうと、諦めたくなる場面に出くわ […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村