解説(9日・う)

☆う年…家族だからこそ最高にほめ最低にけなす。親しき仲にも礼儀を持て
東京新聞TOKYO Web
平成29年6月9日から引用

皆さまは、周りの人にどれだけ心を開いているでしょうか。最も心を開いているのは、家族に対して、という人が多いかと思います。

家族のことが嫌い、話しもしたくない。という人も、そこまで強気で遠ざけることができる、というのは家族ならでは。それは、自分の心を開いている、ということの表れなのです。

開いているが故に、相手に自分の心をぶつけてしまう。どこかで、自分のことを分かって欲しい、理解してくれているはず、と、思ってしまう。それは、無意識かもしれません。

しかし、家族だから理解する、家族だからすべて受け入れる、というのは、家族というコミュニティーの最大の勘違いであります。このことを前提にしているから、そのことに甘えて、親も子も相手に自分をぶつけていってしまう。それでは、やはりお互いに消耗していってしまいます。

家族という尊い縁をいただいたことに感謝をして、お互いを敬い合えば、家族の正しい在り方も見えてくるでしょう。

他の解説を読む

  • 解説(12日・う)解説(12日・う) ☆う年…日進月歩、天地は悠然と巡る。山川草木と同じく善きも悪きも自然に任すべし 東京新聞TOKYO Web 平成29年11月12日から引用 人間社会の中におりますと、他者からの比較批判、社会的な地位や […]
  • 解説(20日・う)解説(20日・う) ☆う年…先祖を敬う者は人を敬う心あり。事業発展 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月20日から引用 みなさまは、生きている、ということについて、いかがお考えですか。 自分の力で生きている、 […]
  • 解説(13日・う)解説(13日・う) ☆う年…我が心をどこに住まわせるかにより苦とも楽ともなる 東京新聞TOKYO Web 平成29年9月13日から引用 怒りやすい方、流されやすい方、人との距離を取りやすい方、色んな方が、いらっしゃいます。 […]
  • 解説(8日・う)解説(8日・う) ☆う年…過去に愚痴、未来に不安、現在に不平。人生の敗北者となる 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月8日から引用 過去の出来事に愚痴をいい、現在の不平不満を嘆き、未来に対する不安を抱く。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村