解説(6日・いぬ)

☆いぬ年…人が人であるために学問をする。これ真の学問なり。大吉日

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月6日から引用

人とは、一体何であるのか。なぜ生まれ、なぜ生きて、なぜ死んでいくのか。みなさま、一度は、考えたことがあることと思います。

では、人ではない、とは、どういうことなのか。人と、人でないものの違いは、何なのか。それは、人として学んでいかなければならないか、そうではないか、ということではないでしょうか。

人は、死ぬまで人として生きなければならない、学んでいかなければならない。

人として学ぶ、というのは、人独自の悩みから学んでいくということ。心の葛藤や、それを抱えた人間同士の関わり合いや、肉体と精神の折り合いなどを通じて、経験を積み、悩みながら学んでいく。

その諸々の悩みが、悩みではなくなるために、学問をする・智慧をつける必要があるのです。

悩みや苦しみから離れて生きていけるように確立されたものが、学問である。その根本を忘れずに学問に励みましょう。

他の解説を読む

  • 自分の足を止めているものは、心なのか、考える脳なのか自分の足を止めているものは、心なのか、考える脳なのか ☆いぬ年…天の意を直感する知能あり。無心にして通じ、大功あり 東京新聞TOKYO Web 平成30年3月31日から引用 私たちは、自分の意志で生きておりますが、そこに起こる出来事というのは、常に何かしらの […]
  • 沈む夕日は心次第で見え方が変わる すべては心の在り様沈む夕日は心次第で見え方が変わる すべては心の在り様 ☆いぬ年…夕陽は寂しく汝の背中を照らす。あまり積極的にせず、静かに柔らかに過ごすべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年3月7日から引用 暮れゆく夕日を眺めるとき、そこにはどんな想いがあるでしょうか。 […]
  • 解説(14日・いぬ)解説(14日・いぬ) ☆いぬ年…物を生かすも殺すも人の心である。心を尊重して太平 東京新聞TOKYO Web 平成29年10月14日から引用 この世は物質世界でございます。物質的な進化が、人の豊さを作っていったと言っても、過言 […]
  • 解説(27日・いぬ)解説(27日・いぬ) ☆いぬ年…晴れにも非ず曇りにも非ず。心中爽快ならず、心気一転すべし 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月27日から引用 生きておりますと、なかなか気持ちが晴れない、何をするにもやる気が出ない、という […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村