解説(5日・たつ)

☆たつ年…貧家なりとも心豊かなれば清掃行き届く

東京新聞TOKYO Web
平成29年5月5日から引用

人間は、つい、自分と他者を比較して、悲観してしまいがちです。また、一生懸命に何かに取り組んだ時、周りが見えなくなってしまうときもあります。

しかし、どんなに貧しくても、忙しくても、そのことに囚われてはいけません。

何かに囚われず、達観して自分を見つめることができれば、心の働きが良く分かります。

静かな心で、自分の存在を見渡し理解することができたとき、自分の心も清掃することができるのです。

貧しさに囚われず、忙しさに囚われず、何かに心奪われることなく、自分の心を見渡して、心の清掃ができるようにしましょう。

他の解説を読む

  • 解説(25日・たつ)解説(25日・たつ) ☆たつ年…街の夕宵美しきかな。出入り多くしてどことなく忙しい日 東京新聞TOKYO Web 平成29年11月25日から引用 1日の時間は限られております、そのため、やりたいこと、やらなければならないことを […]
  • 解説(14日・たつ)解説(14日・たつ) ☆たつ年…宇宙に満ちている霊性のエネルギーに目覚めて万事が貴く思える 東京新聞TOKYO Web 平成29年9月14日から引用 周りを眺めてみますと、他の人がおり、小鳥が鳴き、木々が風になびいております。 […]
  • 解説(13日・たつ)解説(13日・たつ) ☆たつ年…俺がやったと恩を着せると逆効果になる。謙虚を忘れるな 東京新聞TOKYO Web 平成29年11月13日から引用 生きていくということは、他者と関わり合いながら生きるということ。1人で生きている […]
  • 解説(21日・たつ)解説(21日・たつ) ☆たつ年…何事を為すにも天命あり。天命を信じる者は万事吉 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月21日から引用 何かを成していく、それは、自分の頭で一生懸命考えたものでしょうか、それとも、ふと思い […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村