解説(5日・い)

☆い年…我が心に贔屓しがち。他人の心に背けば背かれる

東京新聞TOKYO Web
平成29年6月5日から引用

自分が感じることを信じる、尊重するという心は、誰しもが持ち合わせている当たり前の心です。

しかし、感じることは、自分というフィルターを通してのこと。同じ出来事であっても、感じ方は人それぞれ。皆が、それぞれのフィルターを通して、その出来事を感じます。

そのため、同じ出来事であっても、全く違う印象を持つことも少なくありません。

では、人は、それぞれ感じることが違うのに、どうして共に生きることができるのでしょうか。

一つは、同調している意識のため。同じ世界を生きているという、同調した価値観が、存在しています。

そして一つは、こだわらない、ということ。自分の感じることに、こだわらない。人の感じることにもこだわらない。

感じる心にこだわっていたら、人との違いに対して、排他的に成り得ます。

こだわらないが、何にでも同調する、妥協する、というのも違う。

こだわらないの軸は、芯(真)が通っている、ということ。

人の心を尊重しながらも、自分の心を偽らない。そこに、真の協調があるのです。

他の解説を読む

  • 解説(15日・い)解説(15日・い) ☆い年…人を使うに道を失えば家族も離れる。人道を外れるな 東京新聞TOKYO Web 平成29年10月15日から引用 人と人とは、関わり合いながら生きております。人に物を頼まれることがあれば、自分が人にお […]
  • 解説(4日・い)解説(4日・い) ☆い年…心身いたずらに労して功無し。これ欲心ある故で、猛省して自家に閑居するが良し 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月4日から引用 みなさま、日々、お仕事や家事をこなされ、ご苦労も多いことと思 […]
  • 解説(9日・い)解説(9日・い) ☆い年…暗室に居して独り慎む。やがて天佑あり 東京新聞TOKYO Web 平成29年9月9日から引用 毎日、同じように生活をしておりましても、その日その日に起こる出来事によって、様々な心の動きがございます […]
  • 解説(23日・い)解説(23日・い) ☆い年…葉に朝露のほとばしる象。汗流して働きて功上がらず。静かに休養を取るべし 東京新聞TOKYO Web 平成29年7月23日から引用 人生には、さまざまな時期があります。常に順風満帆には行かないか […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村