2017解説

解説(5日・い)

☆い年…我が心に贔屓しがち。他人の心に背けば背かれる

東京新聞TOKYO Web
平成29年6月5日から引用

自分が感じることを信じる、尊重するという心は、誰しもが持ち合わせている当たり前の心です。

しかし、感じることは、自分というフィルターを通してのこと。同じ出来事であっても、感じ方は人それぞれ。皆が、それぞれのフィルターを通して、その出来事を感じます。

そのため、同じ出来事であっても、全く違う印象を持つことも少なくありません。

では、人は、それぞれ感じることが違うのに、どうして共に生きることができるのでしょうか。

一つは、同調している意識のため。同じ世界を生きているという、同調した価値観が、存在しています。

そして一つは、こだわらない、ということ。自分の感じることに、こだわらない。人の感じることにもこだわらない。

感じる心にこだわっていたら、人との違いに対して、排他的に成り得ます。

こだわらないが、何にでも同調する、妥協する、というのも違う。

こだわらないの軸は、芯(真)が通っている、ということ。

人の心を尊重しながらも、自分の心を偽らない。そこに、真の協調があるのです。