2017解説

解説(4日・いぬ)

☆いぬ年…人生を渡る要訣は「待つ」事にある

東京新聞TOKYO Web
平成29年6月4日から引用

待つことが得意な人は、意外と少ないことと思います。

しかし、待つとは、単に相手や出来事に合わせる、ということではありません。

待つとは、控え目である、ということ。

控え目でありながら、意志が明確でやる気がある。

この控え目であるということが、人生を渡る上での秘訣です。

何かが起こらなくても、何かが起こっても、慌てずに、冷静に、大局的なものの見方ができれば、不要に飛び出すこともなく、人の信頼を得ることができるでしょう。